肛門がかゆくて温水洗浄便座を多用するのは、どうしていけないの?

肛門がかゆくて温水洗浄便座を多用するのは、どうしていけないの?

昨今、温水洗浄便座での洗いすぎによる「温水洗浄便座症候群」という考え方が提唱されているようです。とはいえ、製造中止のような事態に陥っていないからには、「使い方」の問題なのでしょう。正しい利用方法やトイレットペーパーとの併用について、「田島外科」の田島先生を取材しました。

田島先生

監修医師:
田島 雄介(田島外科 院長)

埼玉医科大学卒業。埼玉医科大学総合医療センターや肛門疾患の専門医院などを経た2019年、父親の開院した「田島外科」を継承。生活習慣病や風邪などの内科疾患も扱っている。医学博士。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医、日本大腸肛門病学会専門医・指導医。日本臨床肛門病学会技能認定医。日本遺伝性腫瘍学会、日本消化器内視鏡学会の各会員。

かゆみへの刺激が、かゆみをひどくする

かゆみへの刺激が、かゆみをひどくする

編集部

清潔にしているはずなのに、肛門のかゆみが治まりません。

田島先生

考えられるのは、湿疹やあせもが発端となり、そのかゆみを自分でかいて悪化させているパターンです。就寝中などに、無意識でかいてしまうことがあります。加えて、排便時のトイレットペーパーや入浴時のタオルなどで、強い刺激を与えていないでしょうか。刺激が過ぎると、肛門部のバリア機能を低下させてしまいます。

編集部

でも、下着が汚れるほどの拭き残りって、人として我慢できないです。

田島先生

常識的に、あってはいけないことですよね。そこで推奨したいのが、トイレットペーパーを少しぬらして“ソフト”に拭きとる方法です。かゆみが出ている間だけでも構いませんので、ソフトタッチに努めてみてください。

編集部

温水洗浄便座ならどうでしょう?

田島先生

じつは、肛門のかゆみを伴う「温水洗浄便座症候群」と呼ばれる症例が報告されています。温水を強く、長く当てすぎると、それもまた肛門部のバリア機能を低下させる一因になるのです。なお、温水の刺激で便秘を解消しようとする方がいらっしゃいますが、ぜひ、おやめください。

編集部

肛門のかゆみの原因は、拭き残しに限らないのですね?

田島先生

そのとおりです。湿疹や痔、刺激の多い食事内容、下痢、大腸菌以外の菌への感染なども考えられます。加えて、「肛門への過度な刺激」ですね。かゆみがあるからといって、強い水流を当ててなんとかしようとすると、むしろ悪循環に陥りかねません。

かゆみを伴う病気の可能性も

かゆみを伴う病気の可能性も

編集部

お尻のかゆみって、治療対象なのでしょうか?

田島先生

もちろんです。「肛門周囲炎」といって、ほとんどのケースに保険が適用されます。このとき、かゆみを抑えるだけでなく、根本原因へアプローチする治療が欠かせません。例えば、水虫に似た「カンジダ菌」が繁殖しているようなら、殺菌をしていきます。

編集部

専用の塗り薬などで改善していくのですか?

田島先生

軟こうを処方すると同時に、生活習慣が関係しているのであれば、その見直しもしていきます。香辛料の多用はしていないか、下痢に結びつくような食事をしていないか、適切な温水洗浄便座の使い方をしているかなどですね。

編集部

市販薬に頼るのは対症療法に過ぎないのでしょうか?

田島先生

患者さんのお尻の状態が、市販薬の想定内にあるかどうかですよね。例えば、がんの一種であるパジェット病には、市販薬の多くが役に立ちません。単なるかゆみではなく、「痛がゆく」なってきたとすれば、固有の疾患を疑うべきです。

編集部

その場合の受診先について教えてください。

田島先生

「肛門科」や「直腸外来」、「直腸外科」などを標ぼうしている専門医院を推奨します。なぜなら、肛門やその内部が観察できるスコープを有しているからです。一般の皮膚科などに肛門用のスコープがあるとは限りません。

関連記事:

ピックアップ

新型コロナウイルスの後遺症、女性の方が出やすい傾向
~実録・闘病体験記~ 本来、自分の体を守ってくれるはずの白血球ががん化する、難治性のリンパ腫
「市販の着圧ストッキングは履かないより履いた方がいい程度」、足のむくみやこぶの改善には受診と治療が大前提
ケロイドになりやすいのですが、体質を治すことはできますか?