【スマホでもっとスマートライフ入門】スマホがない!万が一なくしたとき・なくす前の対処法

【スマホでもっとスマートライフ入門】スマホがない!万が一なくしたとき・なくす前の対処法

スマホをもし紛失してしまったら、お財布よりもショックが大きい!という人も多いのでは?スマホをなくしたら誰とも連絡が取れなくなる上に、個人情報の流出も心配だし、思い出もたくさん詰まっている…。そんな大切なスマホを万が一なくした場合の対処法や事前の設定などについて、ITジャーナリスト・スマホ安全アドバイザーの鈴木朋子さんが解説。

スマホが見つからない!どうやって探す?





出先や移動中など、どこでも使うスマホなだけに、なくしてしまうトラブルも日常茶飯事。警視庁の管内だけでも、1年間に17万2762点もの携帯電話類の遺失届が出ているそう(令和2年)。なくしたときに気づいても、どこで落としたかわからないなんてことも。
「そんなときはスマホを探す機能を使えば場所を特定できます」と鈴木さん。

「iPhoneの場合インストールされている『探す』アプリ、Androidの場合は『デバイスを探す』アプリを入れておけば、場所の特定ができます。盗難の可能性がある場合などは、リモートでスマホのデータを消去できますよ」(鈴木さん)



スマホの設定&なくしたときの探し方/iPhone編





iPhoneをなくしたらiCloudで探せる

まずは、自分の設定をチェック。
「iPhoneの『探す』は、あらかじめ有効にしておくこと。ほとんどの人が有効になっていますが、『設定』で自分の名前をタップし、『探す』の『iPhoneを探す』がオンになっていることを確認して。そして、『探す』アプリに位置情報の利用を許可しておくこと」(鈴木さん)

なくしたときはどうすればいい?
「なくしたiPhoneを探すときは、パソコンや別のスマホのブラウザからiCloud にApple IDでログインします。2ファクタ認証を入力する画面になりますが、入力せずに『iPhoneを探す』をクリック。すると、地図上にiPhoneの位置が表示されます。iPhoneの(i)マークをクリックすると、音を鳴らすことや、紛失モードの設定ができます。紛失モードでは、iPhoneのロックやiPhoneを拾った人へのメッセージを表示できます」(鈴木さん)

紛失モードにしていても、手元に戻ってこないようだったら?
「そんなときは『iPhoneを消去』でデータをすべて消去することがおすすめ。もしパスコードを破られても、なりすましや個人情報の流出を防ぐことができます」(鈴木さん)

もしiPadやMacなど、同じApple IDで利用しているデバイスがあるなら、「探す」アプリですぐ見つけられるそう。



関連記事:

ピックアップ

伊勢丹新宿店で香りの祭典「サロン ド パルファン2021」開催
11月1日は世界ヴィーガンデー!手軽に作れておいしいヴィーガンレシピを大特集
【SDGs】「食品ロス」と「フードロス」は同じ意味?なにが違うの?フードウェイストなど、言葉の意味を専門家が解説
無理なく続けられる!腸活に役立つ注目の食材&メニューとは?