性格の不一致が理由で離婚する5つの方法と慰謝料請求の手順を解説

性格の不一致が理由で離婚する5つの方法と慰謝料請求の手順を解説

性格の不一致が理由で離婚する場合は慰謝料請求できるのか気になる方も多いと思います。

曖昧にも思える「性格の不一致」という意味、一体どのような状態なのでしょうか。
そして、性格の不一致は、離婚できるほどの原因・理由になり得るのか、疑問を感じることと思います。

ここでは、

  • 性格の不一致で離婚する5つの方法
  • 性格の不一致で慰謝料を請求する方法

などについて、これまで多くの離婚事件を解決してきたベリーベスト法律事務所の弁護士監修の上でお伝えしていきます。

パートナーと性格が合わず結婚したことを後悔している……というように、性格の不一致のため悩んでいる夫婦問題は1人で悩まずに、早めに対処しましょう。

「離婚 慰謝料」についてはこちらの記事もご覧ください。

1、慰謝料請求の前に|性格の不一致が原因・理由で離婚できるか?

性格の不一致で離婚することができるのか、この記事の読者は疑問を感じていることでしょう。
離婚できるなら正しい対処法で離婚を進めたいと感じているかもしれません。
そもそも性格の不一致は離婚の理由になり得るのかを見ていきましょう。

(1)そもそも離婚できる場合とは?

そもそも法律が定める離婚できる場合というのは、民法770条に記された5つのケースです。

  • 配偶者に不貞行為があった場合
  • 配偶者から悪意で遺棄された場合
  • 配偶者の生死が3年以上明らかではない場合
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない場合
  • その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある場合

は離婚できることになっています。
これらの事由に相当する場合だけ裁判所は離婚を認めるというのが原則です。
離婚裁判に発展したケース、これらに当てはまれば立派な離婚の原因となり離婚は成立するのです。

(2)性格の不一致で離婚できるか?

性格の不一致だけでは(1)で紹介した法律の定める離婚事由には基本的に該当しないため、裁判での離婚は基本的には難しいと考えてください。
ただし、協議離婚や調停離婚では双方の合意があれば離婚できるため、性格の不一致でも離婚することは可能です(多くの性格の不一致での離婚は、協議離婚や調停離婚です)。

性格の不一致で離婚する場合にも、親権や財産分与など、離婚に際して決めなければならない点は同様に取り決めを進める必要があります。

2、性格の不一致の離婚で慰謝料請求する前に|性格の不一致とは

性格の不一致と一言に言ってもいろんな意味が含まれています。

例えば、ただ単に一緒にいることが苦痛だと感じるケースでも性格の不一致という表現を使いますし、会話がスムーズに成り立たない場合にも性格の不一致です。

しかし、元来他人同士が夫婦になるわけですから、性格の不一致は普通のことで、お付き合い当初や新婚の頃には魅力に感じた頼り甲斐のある夫が、自分勝手に感じられるようになって性格の不一致を感じる女性も多くいます。

性の不一致なども、便宜上性格の不一致という表現を使うこともありますし、育児の方針の違いを性格の不一致にするケースもあることでしょう。しかし、それらの不一致も一般的な夫婦なら多かれ少なかれあることは事実です。

関連記事:

ピックアップ

交通事故の慰謝料の自賠責基準に関する7つのポイント
交通事故の慰謝料を弁護士基準で計算するためのポイント5つ
入通院慰謝料とは?慰謝料増額のために知りたい5つのこと
自転車事故で慰謝料請求するために知っておきたいこと