性格の不一致が理由で離婚する5つの方法と慰謝料請求の手順を解説

性格の不一致が理由で離婚する5つの方法と慰謝料請求の手順を解説

まとめ

性格の不一致で離婚をするカップルは世の中にたくさんいます。

しかし、それは基本的に法律で認められた離婚事由にはあたりません。

性格の不一致はどのカップルにもあるのが普通です。

修復できそうならまずは修復を試みてみましょう。

それでもやはり離婚の選択肢しか残されていない場合には、協議離婚か調停離婚を行う必要があります。

そのためにもパートナーと真剣に話し合い離婚に向けて前向きに話を進めていきましょう。

自分の将来のためにも有利に離婚ができることを願います。

監修者:萩原 達也弁護士

ベリーベスト法律事務所、代表弁護士の萩原 達也です。
国内最大級の拠点数を誇り、クオリティーの高いリーガルサービスを、日本全国津々浦々にて提供することをモットーにしています。
また、中国、ミャンマーをはじめとする海外拠点、世界各国の有力な専門家とのネットワークを生かしてボーダレスに問題解決を行うことができることも当事務所の大きな特徴です。

関連記事:

配信元

LEGAL MALL
LEGAL MALL
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中

ピックアップ

任意整理後も自己破産はできる?できないケースや注意点も解説
長時間労働の5つの相談窓口~弁護士に依頼すべきメリットを解説
【弁護士が監修!】年間休日数について知りたい8つのこと
労基法で会社が従業員に与えなければならない休憩時間は何分?