「今まで知らなかった!」助産師が教えるよく食べる子になる3つのコツとは

「今まで知らなかった!」助産師が教えるよく食べる子になる3つのコツとは

助産師・ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、離乳食についてお話しています。食べるタイミングと時間や座る姿勢など、今まで知らなかったコツを詳しく解説!

助産師・ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、離乳食についてお話しています。食べるタイミングと時間や座る姿勢など、今まで知らなかったコツを詳しく解説!


パクパク食べる子になる


離乳食について悩んでいるママも多く、様々な工夫をされているかと思います。なかなか食べてくれないお子さんに対して、長い時間をかけて食べさせて、離乳食の時間がお互いにストレスになっていることがあります。
今回は、離乳食をあまり食べない子どもを持つママへのメッセージです。

パクパク食べる子になる

パクパク食べる子になる


食べるタイミングと時間を調整しよう

離乳食を食べるタイミングははじめのうちは授乳の前でも、途中でも、後でも大丈夫です。大切なのは落ち着いて食べられる状態であること。「食べること=とても楽しいこと」を伝えられるように、作っている様子や準備しているときも可能であれば見せながらやってみましょう。また、楽しい時間になるように、笑顔で会話をしながら食べるようにします。


おいしく食べるためには、「ほどよい空腹」を作ることも大切です。食事の間隔を2.5〜3時間あけることを目標にしましょう。母乳・育児用ミルクをあげた場合は1時間経てば食事にできます。

長い時間をかける、強引に食べさせるのはNG

たくさん食べてほしくて、長い時間をかけて頑張って食べさせていることがありませんか? 実は、一食にかける時間が45分を越えると、食べることについやすエネルギーのほうが食事エネルギーより増えてしまうといわれています。


子どもの食事時間を調べた研究によると1回の平均食事時間は20分で、ゆっくり食べる子どもでも25分でした。食事時間は15〜30分で、長くても40分までになるように心がけましょう。食べることを強制することは、子どもにストレスを増加させたり、食欲を減少させます。強引に食べさせないようにして、ママは食べることを応援してあげましょう。

関連記事:

ピックアップ

「稼ぎのないお前は食べるな!」モラハラ夫の夕飯は牛肉。働いていない私は鶏むね肉しか食べられない
「どうしよう…」同棲中の彼に見られた!すると彼が…神発言!【生理体験談】
「舞い上がるのも分かるけど…」親しいママ友の心無い言葉にショック!#ママ友トラブル3
「覚えてたの!?」彼の神対応に感動!デート中、生理痛がひどくなって…