どれがいいの? ベビーバスのメリットとデメリット【ビニールタイプ編】

どれがいいの? ベビーバスのメリットとデメリット【ビニールタイプ編】

生まれたばかりの赤ちゃんをお風呂に入れるときに便利なベビーバス。さまざまな種類があり、どれがいいのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では著者が感じたビニールタイプのベビーバスのメリットとデメリットについて紹介しています。

生まれたばかりの赤ちゃんをお風呂に入れるときに便利なベビーバス。さまざまな種類があり、どれがいいのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では著者が感じたビニールタイプのベビーバスのメリットとデメリットについて紹介しています。


かなり保管場所を取るプラスチックタイプのベビーバス。使う時期もちょっとだし、ベビーバス以外の用途を考えるのもなかなか難しい。おまけにそれほど安くもありません。しかしながら、ないと不便なものでもあります。借りられるのであれば借りるのが最も効率的なのですが、すぐに借りられる場所がない……。そんなときはビニールタイプのベビーバスがおすすめです!

頭をぶつける心配いらず!

新米パパやママだと首のすわっていない赤ちゃんを抱きかかえるだけで精一杯! 沐浴させるのに片手で赤ちゃん、片手でガーゼをもつと緊張を伴ってつい赤ちゃんを持っている手がグラグラしてしまいがちです。


ビニールタイプのベビーバスなら、ベビーバスに赤ちゃんが頭をぶつけても安心。赤ちゃんが思いのほか、強い力でキックをした際もクッションが柔らかく受け止めてくれます。

畳めるので収納に困らない

利用しなくなったら畳んでしまっておけるのも魅力。第二子を考えているご家庭なら、小さく畳んで次に使うときまでしまっておけるのであれば非常に便利ですね。


ちなみに毎日、沐浴させている間は、空気を入れっぱなしにしておくほうがすぐに乾いて膨らませる手間もないのでおすすめです。完全に使わなくなったらフリマなどで売るのも一手。その際も、畳めるので渡す際に楽チンです!

関連記事:

ピックアップ

「子育てナメてるよね」優しかったママ友の変化に開いた口が塞がらない#ママ友トラブル2
夫と初めてのすれ違い!子どもの事故がきっかけで言い合いになった私たち。でも本当は⋯
「先生…」自信喪失のなか、先生がもらった意外なものとは…?【保育園のお話 手がかかる子!?編11】
「ハイハイは練習するべき?」ハイハイの始まりから注意点までまるっと解説