生理前の強烈な精神不安、もしかしたら「PMDD」かも?

生理前の強烈な精神不安、もしかしたら「PMDD」かも?

生理前にイライラする、精神的に不安定になる…そんな経験がある女性は少なくないはず。そうした生理にともなう精神症状が特に強い場合は、「PMDD(月経前不快気分障害)」の可能性があるかも。PMDDとはどんな症状で、どう対処したらいいのか、PMS/PMDD専門カウンセラーの森井恵子さんに聞いてみよう。

PMDDとはどんな症状?PMSとはどう違うの?

PMDDとは、生理が始まる約2週間~10日前の排卵の頃から精神的な症状が強く現れるもので、うつ、不安、怒り、気分の落ち込み、悲しみ、絶望感などが激しくなるほか、攻撃的な感情や集中力の低下などが見られることも。こうした精神的症状は生理が始まると軽くなるか、すっかり消えてしまうのも特徴なのだそう。

生理前の精神的な不調といえば、PMS(月経前症候群)を思い浮かべる人も多いかも。PMDDとPMSは、どう違うの?

「PMSの場合、精神的な不調だけなく、頭痛や生理痛などの身体的な不調が多く見られる点が特徴です。そしてこれらの不調は、病気ではなく『症候群』とされています。一方、PMDDはPMSよりも社会生活に深刻な支障が出るほどの精神症状があり、病気として考えられています」(森井さん)

PMDDの原因には、自律神経系の乱れやホルモン分泌機能、脳機能の低下、ストレスや過去のトラウマなどの心理的な問題なども関わると、森井さん。これらが複雑にからみ合ってPMDDが引き起こされているため、体質改善やメンタルケアがPMDDをやわらげるための重要なポイントとなる。

生理前の状態からPMDDかどうかをチェックしよう

PMDDかどうかを知るためには、生理前にどんな不調が見られるのかを確認することが必要。次の3つのブロックそれぞれの項目について、生理前に見られる不調として当てはまるものをチェックしてみて。

【ブロック1】
□集中力が切れやすい
□ネガティブな気持ちになりやすい
□無性に食欲が出る
□疲れやすくなる
□眠くなりがちになる

【ブロック2】
□ささいなことで過剰にイライラする
□寂しくなったり、ふとしたことで泣いたりする
□自分のことが嫌いになる
□家族や人に会いたくなくなる
□未来に対する絶望感が起こり、将来が不安になる

【ブロック3】
□死にたい気持ちや、消えてしまいたいような感情が起こる
□激しく怒ったり、暴言を吐いたり、ときには暴力を振るうことがある
□家族関係が破綻しそうなことがある
□ものに当たったり壊したりすることがある
□自傷行為をすることがある

「ブロック1の項目のみが当てはまる場合はPMSと考えられますが、ブロック1と2の両方に当てはまる項目がある場合、PMSとPMDDの境界線にいる可能性が高いです。さらに、ブロック1、2、3のいずれにも当てはまる項目がある場合は、PMDDであると考えられます」(森井さん)

関連記事:

ピックアップ

楽園のような幻の浜を映す。サンゴ釉の美しい器/鹿児島県・与論町「ゆんぬ・あーどぅる焼」
おいしくSDGs!人や地球にやさしい、東京のヴィーガンレストラン8選!ベジタリアン対応も【サステナブルチャレンジ】
年に1度のいちごフェスが今年も開催!ヒルトン東京のスイーツビュッフェ「ストロベリー・ブーケトス」
湘南でクラフトビールを造るブルーパブへ_MEETS SAKEBITO Vol.11