学科・類型・コースの特徴を活かした防災活動

学科・類型・コースの特徴を活かした防災活動

どんどん多様化する学びの場

高校の学科は普通科と専門学科、総合学科の3つに大別され、その下にコースや類型を設けている学校がたくさんあります。
専門学科の名称は多様で、昔は機械科とか家政科、農業科、商業科と呼ばれていましたが、今ではIT工学科や生活創造科、人と自然科など、進化する学びの内容に合わせて名称もどんどん多様化しているようです。試しに私が暮らす兵庫県で専門学科を持つ高校を数えたら59校もありました。防災に関わって言えば、舞子高校の環境防災科が有名です。全国で初めて防災を専門に学ぶ学科として2002年にスタートしました。さらに、普通科や専門学科の下にコース・類型を持つ学校もたくさんあります。これだけ多様だと、中学生がどの学校、学科を進路に選ぶか困ってしまわなかと心配します。
それだけではなく「学校設定教科・科目」という制度もあります。学習指導要領が定めている教科以外に、学校が独自に教科・科目を設定できます。この制度は中学校にもあって「その他特に必要な教科」と呼ばれています。ここで防災に関わる教科・科目を設置している学校もあります。
このような学科、コース・類型、学校設定教科・科目(その他特に必要な教科)を活用して防災の学びを進めている学校が全国に増えてきました。以下、いくつかの面白い実践を紹介します。

ジェンダーフリーの発想でAEDシートをデザイン

AEDの使用率は、対象の性別によって大きく違ってくるそうです。京都大学などの研究グループが、全国の学校で心停止となった232人に救急隊の到着前にAED使われたかどうかを調べました(2008年~2015年)※ 。小中学生では男女に有意な差はなかったのですが、高校生・高専生では男子生徒83.2%、女子生徒55.6%高校と明確に差が出ました。
それを知った福祉を学ぶ女子高校生たちは、AED使用時に女性の上半身にかぶせるシートがあれば使用する側の心理的な抵抗が減ると考えました。材料や形を工夫し、シートにはAEDの使用方法が一目でわかるアップリケを取り付けました。試作品を作る度に自転車を飛ばして消防署に行き、アドバイスをもらったそうです。改良を重ね完成したAEDシートは町内のすべてのAED設置場所に寄贈しました。

詳しくはNHK生活情報ブログをお読みください。(https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/1100/406175.html

関連記事:

ピックアップ

平時のリスクは災害時にも(2) – 女性を狙った性犯罪にあわないための自己防衛のポイント
平時のリスクは災害時にも(1) – 交通事故が増える原因を知って対策しよう
災害関連死とは?生き残った後にも油断せず、健康リスクに注意しよう
既存のプログラムと学校独自の工夫の融合