既婚女性が夫以外の彼氏に夢中になってしまった場合の4つの対処法

既婚女性が夫以外の彼氏に夢中になってしまった場合の4つの対処法

既婚者女性が「彼氏欲しい!素敵な男性と恋人になりたい!」と思ってしまうケースはよくあることです。結婚したからといって恋する心は止められません。

しかし、彼氏に夢中になればなるほど、罪悪感も増加していきますよね。これからどうしたらいいのか、このまま続けて良いのかなど。心の中では葛藤しているのではないでしょうか。

今回は、

  • 彼氏がいる既婚女性が増えていること
  • 彼氏がいる既婚女性が離婚するリスク

等についてご説明していきます。ご参考になれば幸いです。

浮気をしてしまったときに関してはこちらの記事をご覧ください。

1、既婚女性に彼氏がいる割合は増えている!?

既婚女性で彼氏がいる人が増えています。
世間一般的には、夫との関係がうまくいかないから、またときめきを求めて既婚女性は優しい男性にホイホイついていくと言われがちですよね。
しかし、実際にはそうとは限らなもの。夫婦仲が決して悪いわけでもないのに気がついたら旦那がいるけど彼氏がいた、というケースも、20代、30代、40代……と、年齢関係なく意外にも多くあるパターンです。

なぜ既婚女性は不倫に陥ってしまうのでしょうか。

(1)既婚女性が不倫に陥る理由

既婚女性が不倫に陥りハマる理由は、家庭円満なケースに多く見られます。なぜなら、ただ単に、夫婦仲がうまくいっていない場合には、彼氏との仲はそう長続きはしないからです。
夫に不満があって彼氏を作った場合には、一時的な慰め相手になることでしょう。そして簡単に手に入る楽な女性に男性もすぐに飽きてしまうからです。
つまりは、夫婦仲がうまくいかず、寂しいからと承認欲求を満たせないケースでの不倫は比較的に終わるのが早いはず。既婚婚女性をそこまで悩ませる事態にはなりません。

夫が嫌いなら離婚すればいいだけ。夫のことも大切に感じるからこそ既婚女性の不倫は悩ましいのです。

世間の情報にあまり惑わされないように!寂しい女だから、私は彼氏を作ってしまったんだ、と落ち込む必要はないのです。むしろ、いい女だから、若い男性からもモテたのだと自分に自信を持ちましょう。
夫婦仲に問題がない方が、既婚女性は彼氏に夢中になりやすくなってしまいます。
本来、出会うのが遅かった、本当の運命の相手は彼の方だったと感じやすいからです。

とはいえ、本当に、夫婦仲が悪い場合にも彼氏を作る女性がいるのも事実です。セックスレスのケースでもそうでしょう。もっとときめきを感じたい、もっと女性として扱われたいと感じるケースでも不倫関係に陥るパターンは存在します。
このケースの場合には、あなたの方からではなく、男性からのアプローチにうっかり落ちてしまったのではないでしょうか。きっと、あなたの空虚さが男性に伝わり、慰めてくれたパターンですよね。

(2)彼氏がいる既婚女性が増えているワケ

では、どうして昨今、彼氏がいる既婚女性は増加傾向なのでしょうか。

これには2つの理由が考えられます。
1つは女性の社会進出です。素敵な女性が会社勤めをしていれば、素敵な男性と知り合うきっかけは当然多いもの。まずはご飯から……と、徐々に恋愛に発展するケースも多いでしょう。
恋愛のチャンスが昔よりも多いことが理由です。

もう1つは日本人における貞操観念の低下です。「昼顔」などのドラマに触発された女性が多いことは事実。潜在意識で不倫に憧れを抱いていた女性の鍵が外れたパターンですよね。海外映画などでも、濃厚なラブシーンのあるものが日本女性に人気があります。
そのため、既婚女性で彼氏が欲しいと感じてしまう女性が急増しているのです。

このように女性側の欲求と、本来の男性の性質がマッチして彼氏がいる既婚女性が増えているワケです。
男性は本来、チャンスがあればいい女で面倒くさくない女性とお付き合いしたいと考えています。ある程度経験があり、母性に優れ、優しい年上の女性とのお付き合いを望んでいたところに、女性のニーズがマッチしたと考えればいいでしょう。

2、既婚女性と不倫する彼氏の心理

一方、既婚女性と不倫をする彼氏の心理を覗いてみましょう。実は彼氏の方にはほとんど罪悪感は存在しません。むしろ、あなたを便利な女性だと見ている傾向があります。

頻繁にご機嫌を取らなくても良い女性で、お金のかからない女性と感じている可能性は否めません。
家庭のある女性ですから、休日や夜の逢瀬は不可能でしょう。その分、男性は自由になる時間があるのです。また、既婚女性には夫がいるのだからと、恋愛も比較的に自由にできます。

そして、あなたを彼女として周囲に紹介する必要もないはずです。
年上の女性は、度を超えたわがままも言いませんし、母性で彼氏を慰める力に長けています。
これらの理由から男性は既婚女性の彼女を便利で手放したくはないな、と感じてしまう傾向があるのです。

しかし、中には年上女性の魅力の虜になってしまい、必要以上に夫に嫉妬をしてしまう男性も存在します。この手の男性には要注意です。ことあるごとに既婚女性の家庭の事情に首を突っ込みたがるかもしれません。できれば離婚して自分と結婚して欲しいと感じている男性です。

しかし、男性の言動だけではそれは推し量れません。男性は女性とエッチをするためには、心にもない言葉をかけてくるでしょう。例えば「夫と離婚して僕と結婚しようよ」などという甘い言葉は本心ではない可能性が高いということ。「好きだよ。愛してる。運命の相手だ。」などの言葉も真に受けない方が賢明です。

関連記事:

ピックアップ

養育費請求の弁護士費用はどれくらい?払えないときの対処法も解説
監査役とは?主な仕事内容や設置が必要な会社等について解説
36協定とは?労働者が知っておくべき知識【2019年(2020年)改正対応】
社会保険のない会社と対抗するために知りたい7つのこと