カラフルな手書きの絵が物語を紡ぐ。櫻井マナミさんが語るテキスタイルの魅力|伊勢丹新宿店「柄の祭典 VOL.5」

カラフルな手書きの絵が物語を紡ぐ。櫻井マナミさんが語るテキスタイルの魅力|伊勢丹新宿店「柄の祭典 VOL.5」

伊勢丹新宿店本館では、2021年10月13日(水)~19日(火)の期間、人気テキスタイル作家やブランドが参加する「柄の祭典 VOL.5」を開催。そこでバイヤーの皆さんにご協力いただき、素材や柄、織り、染めなどにこだわりのある多彩な“語れるテキスタイル”を教えてもらいました。今回ご紹介するのは、やさしい手書きの絵が素敵な櫻井まなみさん。ストーリーを感じる柄のテキスタイルの魅力とは?

【Textile Artist:櫻井マナミさん】やさしい手書きの絵で布の上に物語を紡ぎだす



――櫻井さんはそもそも、なぜテキスタイルデザイナーになったのですか?





櫻井マナミさん/「MANAMI SAKURAI」デザイナー。ロンドンでテキスタイルを学び、2019年独立。作品は展示会とオンライン受注会を中心に販売。最新情報は、Instagram(@manami_sakurai_)

絵や洋服が好きで、最初はファッションデザイナーを志してロンドンのセントラル・セント・マーチンズ大学に入りました。そこで私の絵を見た先生から、テキスタイルから服を作るファッションプリント学科をすすめられたんです。その学科で布を作るのはすごく楽しかったのですが、洋服の形を考えるのも好きだったので、実は迷いがありました。転機になったのはインドです。学科の先生の紹介で、現地の刺繍工場でインターンをしたのですが、インドはまさにテキスタイルの国でした。洋服はごく限られた形しかないけれど、代わりに布のデザインや素材が豊富で! 多彩な色柄や刺繍の布を組み合わせたりストールを巻いたりして、インドの人たちが布で遊ぶ姿に感激しました。自分がいちばんワクワクするのはテキスタイルだと実感して、“私は布で行こう”と心が決まったんです。



関連記事:

ピックアップ

銀行のサービスが一部有料化!今後、銀行はどう利用していったらいい?
約70万灯の輝く“SNOW&BLUE”がけやき坂に冬の訪れを告げる。六本木ヒルズの【イルミネーション2021】
横浜エリア最大級の光の演出。横浜ランドマークタワー含むエリア周辺の【イルミネーション2021】
農家さん直伝! 野菜の本当においしい食べ方~岡山・マッシュルーム~【連載エッセイ】