【体験レポ】日本初上陸!NY発ステーキの最高峰「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」が恵比寿にオープン

【体験レポ】日本初上陸!NY発ステーキの最高峰「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」が恵比寿にオープン

ニューヨーク・ブルックリンで創業130年の歴史を誇り、ステーキハウスの最高峰と称される「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」が2021年10月14日(木)、恵比寿にオープン! グランドオープンに先駆けて、編集Tが実際に訪問してみました。

シェフが調理するライブ感も満喫。開放的な劇場型ダイニング

左/外観、右上/バーエリア(1F)、右下/ダイニングエリア(2F)

ドライエイジングビーフのステーキを世界に広めたとして知られる名店が、米国外初の店舗として構える「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」。3階建てのレンガ外壁の建物で、本店のあるニューヨーク・ブルックリンの要素を取り入れている。1階はバー空間で、食事前の1杯や待ち合わせのウェイティングバーとして楽しめる。さらに、東京店限定のオリジナルブティックも併設。熟成肉や調味料ほか、オリジナルグッズが購入できるから、美食家の友人や結婚・新居祝いのギフトに贈るのもいいかも。

2階にあがると、天井高6mの開放的なダイニングが広がる。3階の席から見下ろせるような劇場型のレイアウトになっていて、奥にはライブ感のあるオープンキッチンがお目見え。芳醇なステーキの香りと、シェフの活気ある調理姿を味わえて、その場にいるだけでワクワクが止まらない。テーブル席からソファ席まで2階だけで70席あり、広々と使えるのも嬉しい。

左上/テーブル席、右上/窓側席、下/個室 ※すべて3F

3階はバルコニー席のように、2階を見下ろして食事ができるテーブル席や、自然光を感じて爽やかな気分になれる窓側席、ニューヨークらしいインテリアを飾る個室が揃う。個室は大小あわせて6部屋あるから、さまざまな利用シーンで活躍できる。いずれも洗練された非日常空間ながら、親しみやすさもあるから、肩ひじ張らずに過ごせそう。

「1階のバーで1杯味わってから、ダイニングで食事を堪能して、帰りにまたバーに立ち寄るという楽しみ方もおすすめです。」と広報担当者さん。エリアによって雰囲気が異なるから、ダイニング&バーどちらも楽しみたい。

徹底した長い工程が美味の秘密。極上のエイジングビーフ

前/Tボーンステーキ(時価)、左奥/「クリームドスピナッチ」(1400円・サ別)、右奥/「フレンチ フライド ポテト」(1400円・サ別)

必食なのは、フィレ&ニューヨークストリップ(サーロイン)の両方が味わえるTボーンステーキ。米国農務省によって格付けされた最上級のプライムビーフを使用し、独自のエイジング方法で28日以上熟成。うまみや香りが増し、肉質がより柔らかくなった熟成肉に塩を振り、専用のブロイラーで表面を焼く。さらに、肉をカットし、溶かしたバターとともに皿にのせ、再びブロイラーに入れて数分焼いたら完成。その徹底的にこだわりぬいた工程がおいしさの秘密で、噛めば噛むほどうまみが出る極上の味わいに感動するはず。

ジューシーなステーキのサイドにいただくなら、「フレンチ フライド ポテト」(1400円・サ別)がおすすめ。フライドポテトに最適なじゃがいも品種“北海黄金”を使用。丁寧にハンドカットし、こだわりの牛脂から抽出した油で2度揚げすることで風味豊かに仕上げた。

そのほか、本店でも人気の1品「クリームドスピナッチ」(1400円・サ別)も。ほうれん草をクリームではなく、澄ましバターで和えた。いずれも、本店同様のビックサイズで提供されるから、みんなでシェアしながらいただくのがいいかも。

また、ランチタイム限定の名物バーガー「ルーガーバーガー」(2800円・サ別)もあるので、こちらも要チェック。

東京店では、AIの自動応答により予約を受け付けるフォンレスや、キャッシュレスの実現も行う予定とか。名だたるステーキハウスの最高峰が繰り広げる、究極のエイジングビーフとトップクラスのサービスをぜひ体験してみてください。

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

楽園のような幻の浜を映す。サンゴ釉の美しい器/鹿児島県・与論町「ゆんぬ・あーどぅる焼」
おいしくSDGs!人や地球にやさしい、東京のヴィーガンレストラン8選!ベジタリアン対応も【サステナブルチャレンジ】
年に1度のいちごフェスが今年も開催!ヒルトン東京のスイーツビュッフェ「ストロベリー・ブーケトス」
湘南でクラフトビールを造るブルーパブへ_MEETS SAKEBITO Vol.11