女性が不倫にはまる4つの理由とはまってしまった場合の対処法

女性が不倫にはまる4つの理由とはまってしまった場合の対処法

不倫にはまってしまった・・・。

そんなとき、どうすればいいのでしょうか。実らない、悪いことである、そんな常識感情が働いて、はまってしまった自分に罪悪感を感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、女性が不倫にはまる理由について紐解いていき、不倫にはまってしまった場合どうすればいいのかを具体的に解説しています。

相手の妻から慰謝料を請求された場合の対処法についても説明していますので、特に不倫で悩んでいる女性に参考にしていただければ幸いです。

不倫に悩んでいる方は、以下の関連記事もご覧ください。

1、不倫にはまる4つの理由!

(1)刺激的な恋愛がやめられない

女性が不倫にはまってしまう理由として、不倫のドキドキ感に酔っていることが挙げられます。

普通の恋愛なら長く付き合っているうちにマンネリ化してくることもありますが、不倫の場合には常に「許されない恋をしている」という刺激が加わるため、飽きることがないのです。

恋をしてドキドキしている状態のときには、何とも言えない幸福感を感じるものですから、そこから抜け出すのは容易ではありません。

(2)不倫をやめると女としての自信を失ってしまう

女性は、「他のすべての女性がライバル」と思っていることがあります。

既婚男性と不倫している独身女性は、「この人は奥さんよりも私を選んでくれた」「私の方が奥さんより魅力的」と思いますから、女性としての自信を高めることになります。

不倫から抜けられない独身女性には、そういった「女としての自信」をなくしたくないという思いがあります。

同様に、夫以外の他の男性と不倫をしている既婚女性も、「夫のほかに私に魅力を感じてくれる男性がいる」ということで、女性としての自信を高めることになります。

夫が自分を女性として見てくれない場合には、なおさらでしょう。

「女は死ぬまで女」です。

不倫をやめるということは、女性としての自分を捨てることと思っている女性も少なくないのです。

(3)他人の持ち物が良く見えてしまう

普通ならそれほど気にならないような平凡な男性でも、結婚して妻がいるとなると、「女性から選ばれた男性」ですから、それだけで価値がある男性に見えてしまうことがあります。

既婚男性と不倫している女性は、そんな価値ある男性を「奥さんから奪いたい」と考えてしまいます。

人の持っているものは良く見えてしまうものです。

自分もそれを手に入れたいと必死になり、不倫にはまってしまうことがあります。

(4)現実逃避をしたい

既婚女性の場合には、現実逃避をするために不倫をしているケースもあります。

「幸せになりたい」と、大きな夢を描いて結婚したのに、実際の結婚生活はなかなか思いどおりにいかないことが多いはずです。

住宅ローン、嫁姑問題、子どもの教育のこと、親の介護の心配・・・・などなど、年月が過ぎるにつれて、現実的な不安や不満は増すばかりです。

結婚生活をやめるつもりはないけれど、つかの間現実を忘れる時間がほしいと思う女性は少なくないでしょう。

不倫で現実逃避をする味を覚えてしまうと、なかなかやめられないことがあります。

既婚女性にとっては、不倫というのは、現実に立ち向かうための起爆剤となっていることもあるのです。

2、不倫にはまる傾向がある人の3つの特徴は?

(1)自己評価が低い

不倫にはまる独身女性は、自分にあまり自信がない場合が多いようです。
自分に自信があり、プライドを持っている女性なら、不倫にはまるようなことはまずありません。
自己評価の高い女性の場合には、不倫して愛人という立場になることは、自分のプライドが許さないからです。

一方、自己評価が低い女性は、不倫することではじめて自分を肯定された気持ちになっていることがあります。
不倫にはまる女性は、「愛人でもいいから自分を受け入れてほしい」と思っています。
自分を大事にできないから、たとえ不倫でも、自分を大事にしてくれる相手を求めてしまうのです。

(2)友達が少ない

不倫にはまる女性は、どちらかと言えば友達が少なく、自分の殻にこもりがちな女性が多くなっています。
一人でいる時間が長いと、自分を客観的に見ることができなくなってしまいます。
助言してくれる友人もいませんから、不倫しても、それが悪いことという認識が薄くなってしまうのです。
友達が少ないからこそ、不倫相手が唯一自分のことをわかってくれる存在と思ってしまいます。

友達が少ない女性も、潜在的には「人と深くかかわりたい」と思っていることがありますから、それをみたしてくれる不倫にはまってしまうのです。

(3)意志が弱い

不倫にはまる女性は、意志が弱いと言えるでしょう。
不倫をしている間には、自分自身でも、「もうやめた方がいいのでは?」と思うことは何度もあるはずです。

けれど、自分から不倫相手に別れ話を持ちかけても、「別れたくない」と言われてしまえば、結局は相手の言いなりになってしまいます。
意志が弱い女性は、自分から不倫の関係を断ち切ることができないのです。

関連記事:

ピックアップ

著作権侵害にならないのはどんな場合?著作権活用のポイント5つ
無断残業は残業代が出ない?無断残業でも残業代を請求する方法
教師の残業代はなぜ出ない?4つの理由と解決への対処方法
裁量労働制でも残業代は請求可能!残業代の計算方法や請求方法を解説