一粒万倍日【2021年11月~2022年3月開運カレンダー】やるといいこと&ダメなこと

一粒万倍日【2021年11月~2022年3月開運カレンダー】やるといいこと&ダメなこと

「ずっと興味があった習いごとを始めたい」「引っ越しするのはいつが良いのかな」など、何か新しいことをスタートさせようと計画していませんか?

もし何か始めようとしている事柄があったのならば、一粒万倍日に始めることがオススメです。

街の宝くじ売り場でも『本日は一粒万倍日』といったのぼりが出ているのを見たことがある人、いるのではないでしょうか。

まずは、一粒万倍日がどのような日なのか、詳しく話します。

一粒万倍日ってどんな日?

一粒万倍日は幸運の種を蒔くのに良い日という意味

一粒万倍日は(いちりゅうまんばいび)または(いちりゅうまんばいにち)と読みます。

この日に蒔いた一粒の籾が万倍になって実り、返ってくるという日ということから、一粒万倍日は「何か新しいことを始めるのに適した日」だと言われています。

【一粒万倍日にやりたいオススメな行動】

習いごとのスタート、契約、お店の開店、新しい財布やバッグを使い始めるなど

一粒万倍日は、突然何か大きな幸運が舞い込む日というものではありません。

どちらかというと、種を蒔くのに良い日なのです。

一粒万倍日に始めたことが大きな幸運になって返ってくるといったイメージ。

努力をしなくても大丈夫といったことではないので、その点は注意が必要です。

2021年11月~2022年3月にやってくる一粒万倍日はこの日

2021年11月から2022年3月にやってくる一粒万倍日はこの日

何かを始めるのに適している一粒万倍日ですが、実際の日付が気になっている方も多いでしょう。

2021年11月から2022年3月までの一粒万倍日は下記です。

【2021年11月】

6日(土)、9日(火)、10日(水)、21日(火)、22日(月)

【2021年12月】

3日(金)、4日(土)、17日(金)、18日(土)、29日(水)、30日(木)

【2022年1月】

11日(火)、14日(金)、23日(日)、26日(水)

【2022年2月】

5日(土)、10日(木)、17日(木)、22日(火)

【2022年3月】

1日(火)、9日(水)、14日(月)、21日(月)、26日(土)

※ただし、2022年3月14日(月)と26日(土)は婚礼には不向きとされている「虎の日」と重なっているので注意

この中でもほかにも縁起が良いとされている「天赦日」「天恩日」「大明日」「母倉日」「大安」などが重なるのは下記です。

2021年11月6日(土)……大明日、母倉日、大安が重なる吉日

2022年1月26日(水)……天恩日、大明日、大安が重なる吉日

関連記事:

ピックアップ

合理的!だけど日本人には信じられない!?ドイツの食生活
【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?
【お金が貯まらない理由】根本的な支出と貯蓄の考え方が間違っている!
【誰のためにやるの?】10歳の2分の1成人式はやめるべき?