Suica付きクレジットカードの更新に注意!もしもの時の対処法

Suica(スイカ)を始めとした交通系ICカードは電車・バスの利用に便利です。そして買い物の支払いにも使える店が増えています。

プリペイド方式で使いすぎることがなく、幼児からシニアまで幅広く使えるため、広く普及しています。先月には、交通系ICカードの累計発行枚数が2億枚に達したと発表されました。

Suica付きクレジットカードも登場、その機能と弊害

プリペイド方式のSuicaに留まらず、クレジットカード機能が付いたSuicaカードも発行されています。Suicaとしてチャージした分は非接触ICカードとして使用でき、クレジットカードとして使う場合は店頭のカード決済端末に差し込んで使います。

1つのカードに2つの決済機能がある、ということがポイントです。そのような機能を持っているため、クレジットカード更新時にトラブルが起こりやすい仕組みになっている、とも言えます。

ここからの話は、注意深く生活をしている人にはあり得ないミスと感じられると思いますが、私のように不注意な人が同じ悲劇を繰り返さないよう、注意すべきポイントと失敗の対処法を説明します。

新しいクレジットカードが届いたら、前のカードにはハサミを入れて処分するのが常識

クレジットカードには有効期限があり、たいていは期限の前の月に新しいカードが郵送されてきます。そして新しいカードは、届いてすぐ使うことができます。そのため古いカードはその時点で不要になるのですが、有効期限が切れるまでは使用することができます。

古いカードをそのまま破棄すると第3者に悪用される恐れがあるため、ICチップ部分を含めてカードをハサミで切ってから破棄するのが一般的な方法です。

つまりクレジットカード更新のポイントは「新しいカードはすぐ使えること」「古いカードは切って捨てること」です。

ピックアップ

家事も育児も平等にシェア!食品メーカー企画営業ママと広告会社ディレクターパパのリアルな日常
わが子がパッケージに!?バレンタインに贈りたいオリジナルチロルチョコ
5~11歳の子どもにワクチンを接種する?「接種を希望」は39.8%「希望しない」は47.1%
夜中に聞こえてくる「ブチ!ブチ!」という不穏な音。その音の正体は…