シングルモルト(ウィスキー)の王道「ザ・マッカラン」の魅力を解説

シングルモルト(ウィスキー)の王道「ザ・マッカラン」の魅力を解説

ウイスキー好きなら、誰もが聞いたことがあるであろう銘柄「ザ・マッカラン」。ハロッズ百貨店の「ウイスキー読本」で、”シングルモルトのロールスロイス“とまで称された同商品を、皆さんはどのくらい知ってますか?

今回は、イギリスの超高級車を引き合いに出されるほど、名実揃った逸品「マッカラン」をピックアップ。
その味わいや歴史、オススメの商品をご紹介します!

「マッカラン」とは?

マッカラン」は、”シングルモルトの王道“と呼ばれるほど有名なウイスキー

正式名称は「ザ・マッカランThe MACALLAN)」ですが、今回はみなさんに親しみのある「マッカラン」という表記で説明していきます。

マッカランが生産されているのはスコットランド。
北海道よりも少し小さいくらいの面積しかないこの件ですが、実はウイスキーの名産地で、100近い蒸溜所があります。
ここで造られているのが世界5大ウイスキーにも数えられているスコッチウイスキーです。

実はスコッチウイスキーは「スペイサイド」「ハイランド」「ローランド」「アイラ」の4つに分けることができます。
同じスコッチウイスキーでも、特徴が少しずつ違ってくるのです。

マッカラン」は、「スペイサイド」で造られたウイスキー。
スペイサイドは、スコットランド最大の川であるスペイ川沿いの地域のことで、山や渓谷などがある自然豊かな場所です。

ウイスキー造りに最適と呼ばれるスコットランドのスペイ川流域の気候と水によって造られた「マッカラン」は、上品な甘さとまろやかさ、そして華やかな香りが特徴
味わいは、ウイスキーの中でも比較的クセがなく、飲みやすいタイプです。

その完成度は、「シングルモルトのロールスロイス」と讃えられるほど。

ちなみにシングルモルトの「モルト」というのは大麦麦芽だけを使って作られたウイスキーという意味、「シングル」とは単一の蒸溜所で造られたという意味です。
つまりシングルモルトウイスキーとは「単一の蒸溜所で造られた、大麦麦芽100%のウイスキー」ということ。

造られた土地の風土や、蒸溜所の特徴が大きく反映するので、蒸溜所ごとの独自の味わいを楽しむことができます。
そんなシングルモルトの中でも最高峰と称えられる「マッカラン」。

一体どんな蒸溜所で造られているのでしょうか。

ザ・マッカラン蒸溜所の歴史

そんな最高峰のウイスキーを醸す「ザ・マッカラン蒸溜所」は、スペイサイドの美しい風景の中にあります。
地形的に、密造酒造りが盛んに行われたという歴史があるスペイサイドで、1824年に「蒸溜ライセンス」を取得。
合法的に蒸溜を行ってきた、名門中の名門です。

蒸溜所自体の歴史は更に古く、スペイサイド周辺がマッカラン教区と呼ばれていた18世紀初めには、既にその名は知られていたとか。
このように、190年以上「<マッカラン」の歴史は続いているのです。

地理的に、決して大きな地域ではないスペイサイドですが、多くの蒸留所が密集し、有名銘柄が多いことから「スコッチといえばスペイサイド」と呼ばれるくらいウイスキー通には親しまれています。そんなスペイサイドの中で、指折りの蒸留所が「ザ・マッカラン蒸留所」なのです。

そんなマッカランのおいしさは製造方法の秘密にありました。

関連記事:

ピックアップ

祝い酒にオススメな「渓流 冬季限定飲みくらべ一升瓶3本組」新発売!
白いリキュールで一夜を彩る「ディサローノ ホワイトナイト」が開催!
"GANESHA×RIO BREWING & CO."のコラボビール「SHOGUN BEER」リリース!
【全種解説】割り材の定番「ハイサワー」のフレーバーと美味しい飲み方