【保存版】チューハイ&サワーってどんなお酒?歴史や語源・豆知識を解説

【保存版】チューハイ&サワーってどんなお酒?歴史や語源・豆知識を解説

居酒屋に飲みに行った時「〇〇チューハイ」「〇〇サワー」といった、ネーミングのお酒をよく見かけますよね。

例えば、レモンサワー。レモンが入ったスッキリ爽やかな炭酸系のお酒ですが、お店によっては「レモンチューハイ」「チューハイレモン」という名前のところもあります。

「レモンサワーとレモンチューハイって……。どう違うの?」と気になったことがある方もいるのではないでしょうか?

というこで、今回はチューハイ&サワーの違いについてや、その語源・歴史になどについて徹底解説。お酒の席で盛り上がる、小ネタ目白押しですよ!

チューハイ・サワー好きにはこんな記事もおすすめ!


チューハイ&サワーってどんなお酒?

レモンサワー

日本でチューハイやサワーと呼ばれているのは「蒸留酒」を炭酸で割り、レモンやその他の果汁、シロップなどで味付けがされているお酒です。しかしながら、正確な定義は曖昧で割物で割ったカクテルのようなお酒をサワーと呼んでいる居酒屋もあるようです。

また、「チューハイ」「サワー」など呼び方は様々ですが、基本的には地域差やお店によって呼び名が変わっているだけなので、同じものだと考えて問題ないでしょう。

海外での「サワー」の認識

日本でサワーを注文すると、十中八九誰もが想像する“あの”ドリンクが運ばれてきますが、海外での認識は少し違います。柑橘系の果汁やジュースが加えられる点までは同じなのですが「炭酸で割る」といった工程があまり一般的ではありません。

実は、海外でのサワーは蒸留酒+シロップ+果汁(ジュース)のみで作られるカクテルショートタイプのカクテルといった認識が一般的なのです。アメリカなどでは、炭酸で割ることもあるそうですが、一般的に海外でサワーを頼むと「ウイスキー・サワー」のように度数の高いカクテルが登場する可能性が高いので注意しましょう。

チューハイの語源&歴史について

焼酎

諸説ありますが、「チューハイ」という独特な名前の語源は、焼酎を炭酸で割って作られた「焼酎ハイボール」だと言われています。「炭酎(たんちゅう)」「酎炭(ちゅうたん)」などと呼ばれた後に「焼酎ハイボール」という呼称が定着、それが省略される形で「チューハイ」という名前になったのだそう。

チューハイが広まったのは、まだ日本が戦争で貧しかった時代。日本ではそのまま美味しく飲めるクオリティーの焼酎が売られておらず、お酒好きの人たちは「どうにかしてこの焼酎を美味しく飲んでやろう」と様々な工夫を凝らしたといいます。呑んべえ達が最初に目をつけたのは、ウメなどのフレイバーがついたシロップ。焼酎のストレートにシロップを入れることで、品質があまり高くない焼酎を美味しく飲む方法を発見し次第にそれが広まり定着していきました。

その後、「このシロップ入りの焼酎を炭酸で飲むことで更に爽やかになる」ということで始まったのが「焼酎ハイボール」「炭酎(たんちゅう)」「酎炭(ちゅうたん)」などと呼ばれる飲み方。東京の下町にある赤提灯系の大衆酒場を中心に広まり、戦後は居酒屋チェーン店で「チューハイ」という名前で売り出したことから、みるみるうちに全国へと広まっていっったと言います。

関連記事:

ピックアップ

祝い酒にオススメな「渓流 冬季限定飲みくらべ一升瓶3本組」新発売!
白いリキュールで一夜を彩る「ディサローノ ホワイトナイト」が開催!
"GANESHA×RIO BREWING & CO."のコラボビール「SHOGUN BEER」リリース!
【全種解説】割り材の定番「ハイサワー」のフレーバーと美味しい飲み方