糖尿病で失明の危険性が!? 「糖尿病網膜症」ってどんな病気?

糖尿病で失明の危険性が!? 「糖尿病網膜症」ってどんな病気?

糖尿病は体の病気なので、内科や糖尿病専門クリニックで完結するはず。もし、そう考えているとしたら、大きな誤りのようです。今回の取材を通じて、「糖尿病治療は、内科と眼科のセットでおこなうべき」ということが判明しました。一体、それはなぜなのかを「糖尿病・内分泌内科りんごの花クリニック」の武井先生が解説します。

武井真大

監修医師:
武井 真大(糖尿病・内分泌内科りんごの花クリニック 院長)

信州大学医学部医学科卒業、信州大学大学院医学系研究科修了。その後、信州大学医学部附属病院などで生活習慣病に特化した診療を積む。2020年、群馬県伊勢崎市に「糖尿病・内分泌内科りんごの花クリニック」開院。医学博士。日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医・評議員、日本糖尿病学会糖尿病専門医・研修指導医、日本動脈硬化学会動脈硬化専門医・指導医、日本高血圧学会高血圧専門医ほか。

糖尿病による目の病変は、いつはじまってもおかしくない

糖尿病による目の病変は、いつはじまってもおかしくない

編集部

糖尿病の影響って、目にも出るのですか?

武井先生

はい。糖尿病をわかりやすくいうと、「全身の血管が硬くなったり詰まったりする病気」です。この影響は目に限らず、全身のどこでも起こり得ます。とくに目は細い血管が多く集まっている箇所なので、最も変化を感じやすいといってもいいのではないでしょうか。糖尿病が原因で、目に悪影響が出る合併症を「糖尿病網膜症」といいます。

編集部

目の血管が詰まってしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか?

武井先生

酸素不足や栄養不足に加えて、血管が詰まってくると「新しい血管を生やして補おう」とします。この新しい血管は、本来の血管と比べて“非常に脆い”という特徴があります。つまり、血管が壊れやすいということです。

編集部

いずれ、失明する可能性もあるのでしょうか?

武井先生

糖尿病網膜症による影響は、「いずれ、徐々に」というより、「突然」現れます。我々の視野のほとんどは、網膜のなかでも「黄斑」という部分に映された情報から得ています。糖尿病による目の病気がこの黄斑で起きてしまうと、一挙に視力低下が進むでしょう。場合によっては「ある日、急に目が見えなくなる」こともあり得ます。ですから、糖尿病と診断されたら、目の検査は“マスト”と言いたいところです。

医療機関でもセットでの受診を勧められるはず

医療機関でもセットでの受診を勧められるはず

編集部

続けて、治療方法についても教えてください。

武井先生

糖尿病が原因だとしたら、血糖値のコントロールが先決です。原因が改善されない限り、治療したところで、いずれ再発してしまうでしょう。糖尿病の初期であれば、運動習慣や食事内容を見直せば改善していくはずです。それでも血糖値のコントロールができない場合は、投薬による治療を検討しましょう。

編集部

先生の医院は、糖尿病に特化した内科ですよね?

武井先生

はい。先ほど「糖尿病と診断されたら、目の検査は“マスト”」と申しましたが、逆もしかりですね。「眼科で糖尿病網膜症と診断されたら、内科での血糖値コントロールは“マスト”」です。眼科でも内科の受診を勧めてくるでしょう。

編集部

先に眼科を受診して、他院の内科と連携する場合もあるのですか?

武井先生

眼科でも糖尿病の所見は付けられますし、血液検査をしてみれば血糖値という数字で見て取れます。ですから「目から糖尿病に気づくこと」は大いにあり得ることです。まずは、ご自身の主訴が目なのか身体なのかに応じて、眼科か内科かのどちらかを選択して受診してください。その後、受けていなかった方の標榜科を受診するのが、推奨される流れですね。

編集部

なるほど。糖尿病って「眼科と内科がセット」なんですね?

武井先生

そういう考え方で構わないと思います。「余裕があったら」とか「いずれ、そのうちに」ではなく、両方の「速やかな」受診がマストです。先述したように、とくに糖尿病による目の病気は“突然”やってきますから、定期的な眼科でのウォッチが前提になるでしょう。また、血糖値コントロールができるようになったとしても、経過観察は必要です。

関連記事:

ピックアップ

視力とストレスの関係を眼科医が解説、働き盛りの男性はとくに注意!?
指定難病である「潰瘍性大腸炎」と上手に向き合う方法、押さえておきたい食事のポイント
HPVワクチン「積極的勧奨」、来年4月から再開へ
飲む中絶薬、年内に厚生労働省へ承認申請