【セスキの正しい使い方】水に溶けやすく、油汚れに強いナチュラル洗剤

【セスキの正しい使い方】水に溶けやすく、油汚れに強いナチュラル洗剤

身近にあるナチュラル洗剤の1つである「セスキ炭酸ソーダ(通称セスキ)」。
定番アイテムなので多くの人が上手に使いこなしていると思いきや、

「買ってみたものの、どんな掃除に使ったらいいのかわからない」
「ちゃんと汚れが落ちない」

といった声も聞かれます。
その原因は、セスキの使い方が間違っているせいかもしれません。
そこで今回は、セスキの特徴と正しい使い方を解説していきます。

そもそもセスキってなに?


セスキ炭酸ソーダという名称から「酸性」なのでは?と勘違いされやすいですが、重曹と同じアルカリ性です。アルカリ性のナチュラル洗剤は、セスキのほかにも重曹と酸素系漂白剤の3つがあります(ちなみに酸性のナチュラル洗剤としてはクエン酸が挙げられます)。

では、これらをアルカリ度の低い順に並べてみましょう。

重曹→セスキ炭酸ソーダ→酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)

ご覧のように、セスキ炭酸ソーダは、重曹よりもアルカリ度が高いですが酸素系漂白剤のような漂白作用はありません。

セスキ炭酸ソーダは重曹よりも水に溶けやすく、油汚れに強いのが特徴。その特徴を生かした使い方をしていくことが非常に重要です。

セスキを使ったナチュラルクリーニング


ナチュラルクリーニングは「酸性」「アルカリ性」の汚れを中和させることが基本です。中和させるためには、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使います。

酸性、アルカリ性の汚れをそれぞれ挙げてみましょう。

酸性の汚れ 油汚れ、食べこぼし、手あか、皮脂、血液、生ゴミなど
アルカリ性の汚れ 水あか、電気ポットや食洗機につく白い汚れなど

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性ですから、酸性の汚れに効果があります。水に溶けやすいため、セスキ水をスプレーボトルに入れて使うのが一般的です。

セスキ水の作り方

セスキ水の作り方はとても簡単。

用意するもの

  • セスキ炭酸ソーダ
  • スプレーボトル

作り方

スプレーボトルにセスキ炭酸ソーダを小さじ1/2入れる。

水200mlを加えて溶かす。

*汚れの度合いによって濃さは調整してください。

関連記事:

ピックアップ

【石川県金沢・ハントンライスのレシピ】タルタルソースたっぷりがおすすめ! #ご当地グルメ
予防歯科ってどんな治療内容なの?#歯科衛生士の教室
京都のホテル特集~新規オープンやコラボも続々!
学校歯科健診と歯科医院では虫歯の判定が違う? #歯科衛生士の教室