自転車事故で慰謝料請求するために知っておきたいこと

自転車事故で慰謝料請求するために知っておきたいこと

自転車事故で慰謝料請求するためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

自転車は、自動車などと違い免許が不要であり、多くの人が簡単に利用できる身近な交通手段です。しかし、最近では、自転車による交通事故が多く発生しており、社会問題化してきています。

そこで今回は、自転車による交通事故が事故が起きた場合に、被害者が加害者に請求できる慰謝料についてご説明します。

交通事故に遭った際の慰謝料獲得方法については以下の関連記事もご覧ください。

1、自転車事故でも慰謝料請求できる?

自転車事故の場合でも慰謝料請求はできる?

自転車による事故の場合も、自動車事故の場合と同様、事故によって被害者に生じた損害を加害者が賠償しなくてはなりません。

そして、被害者が加害者に請求できる損害賠償の内容(項目)も自動車事故と基本的には同じであり、事故が原因で被害者が怪我をした場合には、その治療費に加え、慰謝料なども請求できます

 2、自転車の交通事故と自動車の交通事故は何が違う?

自転車の交通事故と自動車の交通事故は何が違う?

自動車の場合、法律によって自動車損害賠償責任保険(いわゆる自賠責保険)への加入が義務づけられていますし、自賠責保険とは別に、損害保険会社が販売している保険(いわゆる任意保険)に加入していることがほとんだと思われます。

他方、自転車の場合、最近では、自転車による事故が社会問題化してきていることから、自転車向けの賠償保険が販売されるようになり、都道府県条例などで自転車の賠償保険への加入を義務付ける動きも進んではいますが、それでも、現状では自転車事故で加害者が保険に加入してない可能性は高いように思われます。

ですから、たとえ被害者が加害者に損害賠償請求をしたとしても、そして、示談や裁判で加害者が被害者に賠償する金額が定められたとしても、実際には加害者から十分な賠償金の支払いを受けられないという危険性があります。

関連記事:

ピックアップ

残業とは?残業代が発生する条件と労働形態との関係や計算方法を解説
不倫相手が妊娠!中絶を選択する際に知っておくべき4つのこと
残業代出ないけどおかしくない?本当は残業代をもらえる9つのケース
自己破産したら友人からの借金はどうなるの?