入通院慰謝料とは?慰謝料増額のために知りたい5つのこと

入通院慰謝料とは?慰謝料増額のために知りたい5つのこと

入通院慰謝料(にゅうつういんいしゃりょう)とは、交通事故による入通院での精神的損害に対して支払われる慰謝料のことです。

精神的損害に対する慰謝料であるため、その額の算定には難しさがあります。
個人的な苦痛に対する慰謝料ですから、額の算定が難しいのも当然です。
そこで、入通院慰謝料の額を算定するために一定の基準が設けられていて、その基準によって入通院慰謝料を算定することになっています。

今回は、

  • そもそも入通院慰謝料とはどんな慰謝料なの?
  • 慰謝料のような感情の金額はどうやって計算するの?
  • 入通院慰謝料を増額させるためには?

などについて解説していきます。ご参考になれば幸いです。

交通事故に遭った際の慰謝料獲得方法については以下の関連記事もご覧ください。

1、 入通院慰謝料について詳しく解説

まず、慰謝料とは、身体や生命、または財産などの権利を侵害された者が受けた精神的苦痛に対する賠償のことを指します。
交通事故の場面で被害者が加害者に対して請求することができる慰謝料には次の3種類があり、入通院慰謝料はそのうちのひとつです。

  • 入通院慰謝料
  • 後遺障害慰謝料
  • 死亡慰謝料

慰謝料は、先ほどもお伝えしたように、『精神的苦痛』に対する賠償であるため、その算定方法が難しいです。
そこで、これからご紹介する算定基準が設けられており、その基準によって慰謝料の額が決定されます。

2、入通院慰謝料を算定する基準は3つある

それでは、入通院慰謝料を算定するための基準についてご説明します。

実は、慰謝料算定基準は3つ存在しています。
それぞれの計算方法についてはこの下で解説しますので、まずはその概要を簡潔にお伝えいたします。

(1)自賠責基準

自賠責基準を取り扱っているのは、損害保険会社です。
これは国が定めた一定の基準ですので、各保険会社によってその額が変わるということはありません。

また、自賠責基準は国が定めた被害者に対する『最低限の』補償であるため、以下に紹介する2つの基準に比べ、その補償額は低くなる傾向にあります。

(2)任意保険基準

任意保険基準とは、自賠責基準とは異なり、国ではなく各保険会社が独自に定めたものです。
交通事故の被害に遭った場合、その加害者が加入している保険会社側から支払われます。

もちろん、事故や損害賠償の内容によってもその額は違いますが、自賠責基準と同額か、もしくは少し多いだけというケースがほとんどだというのが現状です。
保険会社から提示された金額であれば、なんとなく安心して納得してしまいそうですが、ご自身の感覚だけで判断しないよう注意しましょう。
それは何かというと、任意保険会社の担当者の中には、自賠責保険基準の金額を任意保険基準として提示してくる人もいるからです。
任意保険会社は、示談交渉が終わった後に自賠責保険から保険金を回収するのですが、仮に自賠責保険基準で示談ができたとすると、全額自賠責保険から回収でき、任意保険会社の負担はなくなります。

つまり、自賠責保険基準で示談提示してくるということは、任意保険会社は1円も払わないと言っているのと同じであり、自分たちのメリットしか考えていない可能性もあるからです。

(3)弁護士基準

弁護士基準とは、過去の裁判例をもとに、その訴訟での裁判所の考え方や、その訴訟で実際に認められた額を基準に慰謝料を算定する方法です。
この弁護士基準は、実際に裁判をするほどの争いになった事例の集積ということもあり、上記で紹介した2つの算定基準と比べ、一番高い賠償額が算定される計算基準です。
弁護士が介入して相手方に請求していく際には、最終的には訴訟を提起することもあり得るということを念頭に置いて、この弁護士基準を用いて損害額を計算することになります。

関連記事:

ピックアップ

自己破産したら友人からの借金はどうなるの?
自己破産したら住宅の賃貸はどうなる?今住んでいる賃貸とこれから借りる賃貸
親子関係不存在確認の訴えとは?認められる条件や6つの手順
バツイチになると?離婚前に知っておくべき5つのこと