「まったく今の子は」病院でヒソヒソ…生理痛よりつらかった周囲の偏見

「まったく今の子は」病院でヒソヒソ…生理痛よりつらかった周囲の偏見

私は、生理が始まった小5のときから生理痛に悩まされてきました。どの鎮痛 薬 も効かなくて、救急車で運ばれたことも。中1で初めて産婦人科を受診してから定期的に受診しているのですが、学校でも職場でも生理に対する偏見に苦しめられることになったのです……。

服用していたピルにも偏見がつきまとう

生理痛緩和のため、一時期低用量ピルを服用したこともありましたが、ピルにも「=避妊薬」という偏見がつきまといました。学生時代、産婦人科で低用量ピルを処方されるときに「こんな若いのに。避妊? 学生でしょ?」「イヤね~。薬に頼れば何してもいいと思ってる」なんて陰口をたたかれて……。


あるときは、低用量ピルを飲んでいるところを友人に見られてしまい、事情を説明しても、「ヤリ放題じゃん! もしかして……?」「え~! めっちゃ意外だね!」と言われたり……。冗談交じりで言う友人もいましたが、当然、気分のいいものではありません。


その後、市販の生理専用薬が私に合うとわかってからは、低用量ピルの服用はやめました。


「産婦人科に通う=妊娠」「ピル=避妊薬」。こうした偏見で、私は何度も傷つきました。でも、私も生理痛が重くなければ、産婦人科に通う理由も、ピルが生理痛を緩和するために使われることも知らずにいたかもしれません。


同じ女性でも、生理痛がまったくない人や、痛みがあっても薬を必要としない人もいると思います。しかし、つらい生理痛をなんとかしたくて、産婦人科を受診したり低用量ピルを服用したりする人もいるのです。そうした人がいることを1人でも多くの人に知ってもらえたら、私のように傷つく人がいなくなるのになと強く思いました。


ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!


監修/助産師REIKO
文/R.M.さん

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

「これ以上、子どもはいらないんだ」残酷な彼の態度に打ちひしがれるも、私は決意した…【新しい家族のカタチ】
「お菓子がないと遊ばない」友だちの衝撃発言に絶句…! #子どもの友だちがわが家で…小学生トラブル編 4
里帰り中に夫婦喧嘩が勃発!できるだけ母乳育児を続けたい私と、ミルク育児をすすめる夫で意見が対立!?
「言うしかないで」祖母に結婚の相談をしたら…泣けた… #0日で結婚を決めた2人 3