1日のスタートは18時から!?「早寝」習慣で早起きが続く!

1日のスタートは18時から!?「早寝」習慣で早起きが続く!

おはようございます。早起きコミュニティ朝渋代表の5時こーじです。

この公式ブログでは、幼少期より22時就寝5時起床をしている私が、毎日ご機嫌を保つためのマイルールを紹介します。

第2回目となる今回のテーマは、「早寝」について。

負のループに巻き込まれてない?

夜ふかしする女性

スマホをだらだら見ていたら24時になっていた…。こんな夜の過ごし方をしてしまっている人はいませんか?

朝は時計を見ながら過ごすのに対して、夜はなんだかルーズになりがち。夜更かしをすると朝の寝起きが悪く、なんだが1日のスタートダッシュが切れない…このような「負のループ」に陥ってしまっている人の話はよく聞く話です。

どうやったら早起きできるの?

この質問に対して私は、「勝負は前日の18時から始まっている」と考えています。

それはなぜでしょうか。

1日は前日の18時から始まっている

寝室

早起きを習慣化するためには、早寝を徹底しなさい!

頭では分かっていても、現代社会における「早寝」はとても難しいです。

5時に起きるためには7時間睡眠を逆算すると22時就寝。仮に毎日21時まで仕事をしている人は、帰宅して22時に寝ることは、不可能に近いですよね。

良い入眠のためには、就寝の3時間前までに夕食を済ませて、寝る90分前にはお風呂に入っておくのが必勝法。

この必勝法を習慣にするためには、寝るモードは19時から起動させなければいけなく、仕事は18時すぎには切り上げないと、22時就寝は定着化しません…。

早寝って実はめちゃくちゃ難しい!?

そうです。

早起きの習慣は、起床時間と就寝時間を決めるだけでなく、前日の18時までにいかにやるべきことを終わらせられるかが勝負なのです。

関連記事:

ピックアップ

冬の朝のお楽しみ♪レンジで簡単「蒸しパン」レシピ5つ
ピーチヒップとくびれが同時に!効きすぎエクササイズ「サイド・レッグリフト」
作り置きOK!時短でほかほか「ポタージュ」レシピ3選
「エアコンつけっぱなし」を英語で言うと?