インターフェロンの機能とは?肝炎治療を受ける前に知りたい医療知識

インターフェロンの機能とは?肝炎治療を受ける前に知りたい医療知識

インターフェロン治療を知っていますか?

B型肝炎ウイルスによって慢性肝炎の感染症を引き起こし、医師からインターフェロン治療を提案されることがあります。

この時、インターフェロン治療により望める効果やメリット・デメリット等、よく理解したうえで治療を受けられる必要があります。

今回は、インターフェロン治療について、

  • 効果
  • 副作用
  • 助成金 等

について書いていきたいと思います。

また、肝臓に病を抱え、インターフェロンの服用されている方が対象の給付金が受給出来る可能性があります。

詳しくは「10、肝臓に病をお抱えの方がもらえる可能性がある給付金がある【最大3600万円】」に記載していまので、皆様のご参考になれば幸いです。

1、インターフェロンとは?

ウイルスやがん細胞などの病原体や異物が体内に侵入した時に、私たちの免疫はこれに対抗するために体温を上昇させたり、抗体を作ったりして対抗しますが、インターフェロンとは、その一連の反応の中で、細胞が分泌する蛋白質の一種です。

2、インターフェロンの種類

インターフェロンには、α、β、γ、ωの4種類があり、これは生産している細胞別に分けられ、性質や働きはそれぞれ異なったものとなっております。

その中でも、ウイルスを抑制する働きがあるのはαとβです。ちなみに、γ型は免疫を強める作用協力ですが、抗ウイルス作用は弱いのが特徴です。

慢性肝炎の治療で一般的に用いられるものは、遺伝子組み換え型インターフェロンα2a、α2b、天然型インターフェロンα、βの4種類です。

関連記事:

ピックアップ

任意整理後も自己破産はできる?できないケースや注意点も解説
長時間労働の5つの相談窓口~弁護士に依頼すべきメリットを解説
【弁護士が監修!】年間休日数について知りたい8つのこと
労基法で会社が従業員に与えなければならない休憩時間は何分?