当て逃げ事故で被害者が損しないために知っておきたい6つのこと

当て逃げ事故で被害者が損しないために知っておきたい6つのこと

運転中に当て逃げ事故。

バレてしまった場合、有名人であれば活動の自粛を余儀なくされるほどの重大な「違法行為」です。

メディアでは、当て逃げをした側に注目が集まることがとても多いのですが、当て逃げをされた側はどのように対応すればいいのかあまりご存じない方が多いのではないでしょうか。

今回は当て逃げの被害者に焦点を当てて、

  • 当て逃げされたときの対処法
  • 自動車保険や保証の範囲

などについてベリーベスト法律事務所の弁護士が解説いたします。ご参考になれば幸いです。

 

また、こちらの関連記事では交通事故での被害者が損しないための知識について解説しています。

突然の交通事故でお困りの方はこちらの記事もあわせてご参考にしていただければと思います。

1、当て逃げのよくある3つのケースとは?

交通事故違反点数と免許停止・免許取消の関係

「当て逃げ」とは,明確な定義があるわけではありませんが,一般に,自動車で人以外の物との衝突事故を起こした場合,加害者が道路上の危険を防止するなどの必要な措置や警察への報告をすることなくその場から逃走することをいいます。歩行者や,人が乗っている自転車・バイクとの衝突事故を起こして逃走する場合は,「ひき逃げ」と呼んで区別しています。今回は,人にケガのない当て逃げについて説明します。

よくある当て逃げの具体例としては,

1 駐車場でミラーを確認せずバックしたため,隣接の車を擦ってしまいそのまま逃走する。
2 路上駐車をしている車のミラーに自分の車が接触してしまいそのまま逃走する。
3 すでに免許の点数が減点されていて免停になりたくないので,警察への報告をすることなく逃走する

といった3つのケースがあります。

2、当て逃げされてしまった場合にはどうしたらいい?

shutterstock_301329191

では,あなたが当て逃げされてしまったらどのように行動するのがよいでしょうか。

⑴警察に報告

車の損傷の程度にかかわらず,まずは警察に報告し事故証明書を作成してもらいましょう。事故証明書がなければ,当て逃げされたことの証明ができず,保険会社が保険金を支払わないことがありますので,修理代金が全て自分持ちになってしまう可能性があります。

⑵相手の情報を控える

あなたが自分の車を当て逃げされるのを目撃した場合は,相手の車の車体ナンバーを書き留めておきましょう。ナンバーを控える余裕がないときは,車種や色など車の特徴を覚えて,控えるようにしましょう。逃亡した加害者を見つける大きな手掛かりとなります。

⑶当て逃げの情報を集める

あなたが駐車しているときに当て逃げされた場合等,加害者が誰か全く分からない場合,目撃者がいないか周辺の状況を調査してみましょう。また,コンビニエンスストアやショッピングセンターの駐車場であれば,防犯カメラに録画されている可能性がありますので,施設の管理者に問い合わせてみるべきです。

⑷自分の保険会社に連絡する

相手方が見つからない場合,ご自身の車両保険を使用することになります。ただ,契約内容によっては車両保険を使用することが出来ない場合もありますので,まずは自分の保険会社に確認してください。

関連記事:

ピックアップ

著作権侵害にならないのはどんな場合?著作権活用のポイント5つ
無断残業は残業代が出ない?無断残業でも残業代を請求する方法
教師の残業代はなぜ出ない?4つの理由と解決への対処方法
裁量労働制でも残業代は請求可能!残業代の計算方法や請求方法を解説