ケーブルを収納してスッキリさせたい!おしゃれな収納アイディアで快適空間に

家電製品などのケーブルが見えていると、部屋全体がゴチャゴチャとした印象になり、見栄えが良くありません。かと言って、乱雑にまとめた状態にしていると、火災につながる恐れも。そこで本記事では、ケーブルをすっきりときれいに収納するアイディアや、収納グッズをDIYする方法を紹介します。

ケーブルを収納する前に押さえておくべき注意点

ケーブルを収納すると部屋がすっきりして見えますが、収納の仕方を誤ると火災などを引き起こす原因にもなりかねません。まずは押さえておくべき収納の注意点について解説します。

電源タップに記載された電気容量を守る

電源タップは、壁に取り付けられたコンセントから、離れたところでも電源を確保できる大変便利なアイテムです。差し込み口が多いため、たこ足配線にしてしまうことも。ですが電源タップを使用する時には注意が必要です。

 

電源タップには決まった電気容量があります。電源タップを使えば差込口を増やせるので便利ではありますが、記載されている容量を守らないと発火してしまうなどの危険性があるのです。使用前には、記載されている電気容量を必ず確認しましょう。

消費電力が大きいケーブルは束ねない

すっきりするからと、AVコードや通信ケーブルを一緒にまとめることもあるのではないでしょうか。AVケーブルや通信ケーブルならまだしも、消費電力が大きいケーブルを束ねてしまうと、中に熱がこもってしまうことも。それによって発火する危険性もあるので、消費電力の大きいケーブルをまとめるは避けましょう。

ホコリが被らないようにする

テレビの裏側などにコードを隠して、見た目をすっきりさせる人は多いです。しかし、テレビの裏などはホコリが溜まりやすく、そこに電源タップを置いてしまうと火災の危険度が高くなります。

 

コンセントや電源タップにホコリが被らないように、こまめに掃除をしてホコリを取り除くなどの対策が必要です。

ケーブル収納アイディア①壁面を使う

 

壁に取り付けたカゴ

床をすっきりさせる方法としては、壁面収納がおすすめ。壁を使えば床にコードが散らばることなく見た目もすっきりするでしょう。ここでは、壁を上手く使ったケーブルの収納方法を紹介します。

目立ちにくい部分に固定する

壁の低い位置など、あまり目立たないような場所にコードフックを設置してケーブルを固定してみましょう。

 

コードフックはテープで設置することが多いです。賃貸の場合は壁を傷つけられないので、マスキングテープを土台として貼った上で、コードフックをその上から固定させると良いです。

 

またモールの中にケーブルを入れてから固定させれば、さらに目立たなくなります。すっきり見えるだけでなく、ケーブル自体も保護されるので一石二鳥です。

コードフックやモールは100均でも購入可能なので、手軽に試せます。

ネットを取り付けて収納する

100均でも売られている、ワイヤーネットやバスケットを壁に設置する収納もおすすめです。ワイヤーネットを壁に設置し、そこに電源タップなどを固定します。バスケットも併用することで、その中にルーターなど大きめのものも収納可能に。さらに収納機能がアップします。

 

床に付けずに壁に固定することでホコリが溜まりにくく、床の掃除もしやすいです。壁以外にも机の上やテレビの裏などにも取り付けられるので、家のいろいろな場所で試してみると良いでしょう。

関連記事:

ピックアップ

手土産にも喜ばれる!美食家3人のヘビロテお取り寄せグルメカタログ
子どもも大人も喜ぶひな祭りメニュー!一緒に作れる簡単レシピも紹介
運動不足に効くダイソーのバランスボール! 簡単フィットネスや収納方法を紹介
引っ越しは荷造りの手順とコツを押さえてスムーズに!必要な道具や注意点を解説