【長野県】栗のテリーヌにポルポローネ、善光寺名物の杏の羊羹まで!

【長野県】栗のテリーヌにポルポローネ、善光寺名物の杏の羊羹まで!

東京にある47都道府県のアンテナショップを巡って出会った、お土産にもぴったりのローカルおやつを紹介する連載「スイーツなかの MEETS ローカルおやつ」。今回は長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」(銀座)で手に入る、開運堂の「白鳥の湖」、長野?月堂の「玉だれ杏」、信州里の菓工房の「栗のテリーヌ」の3品を選んでお届け!

【01】開運堂の「白鳥の湖」



ほろりと崩れる白鳥クッキー!





お店の棚に並ぶ「白鳥の湖」を初めて見たときは、まさにひと目惚れのような出会いでした。こちらは、明治31年(1898年)創業の老舗菓子店、開運堂さんが手がけたもの。白鳥がモチーフになっているのは、冬になると安曇野(あずみの)にある河畔に白鳥が訪れることから。その情景を描いた水彩画がデザインされた缶も美しく、包紙のシールやクッキーの絵柄と、すべてに白鳥を散りばめた統一感がナイスィーツ!








クッキーは、ポルポローネというスペインの伝統菓子で、ほろりと崩れるソフトな食感が大きな特徴です。素朴な甘さと共に、ショートニングの芳醇さ、シナモンの香りが合わさり、温もりのある味わいが口に広がっていく。1枚1枚、手のひらにのせて眺めながら、大切に食べたいお菓子です。



開運堂の「白鳥の湖」

1缶(16枚入り)1371円



関連記事:

ピックアップ

【漫画連載】何この胸のトキメキ…と思ったら更年期の症状だった時に読む話(後編)
【体験レポ&限定クーポンも】日本では珍しい「マインドフルネス専門サロン」が渋谷にオープン
約7mの生木クリスマスツリー!ほっこり温かい舞浜駅イクスピアリ(R)の【イルミネーション2021】
22年間の感謝を込めた最後のライトアップ!ヨーロッパを感じるヴィーナスフォートの【イルミネーション2021】