豊洲にチームラボのアート空間で食べられるヴィーガンラーメンが登場【サステナブルチャレンジ】

豊洲にチームラボのアート空間で食べられるヴィーガンラーメンが登場【サステナブルチャレンジ】

2021年10月8日(金)、豊洲の「teamLab Planets TOKYO DMM」にオープンした「Vegan Ramen UZU Tokyo」は、最新デジタルアートを楽しみながらサステナブルなヴィーガンフードをいただけるスポットになっている。アートとSDGsのおいしい融合に注目を!

今回のサステナブルチャレンジは“アート空間でヴィーガンフードを食べながら世界とのつながりを思うこと”

食用花や自然と向き合って作られた茶葉を使った限定ヴィーガンラーメン

Vegan Ramen UZU Tokyo限定 左/「ヴィーガンラーメン花(冷)」1980円(数量限定)、右/「ヴィーガンラーメン茶」1650円

京都でチームラボ作品に包まれながらヴィーガンラーメンを食することができる場所として話題となった「Vegan Ramen UZU Kyoto」が、新たなアート作品と共にチームラボプラネッツに登場。

古来から植物性の料理が多く、よりヴィーガンに近い食生活を続けてきた日本人。そのライフスタイルを見直し、食材や調理法の試行錯誤を重ねて完成させたヴィーガンラーメンが、東京でもいただける。

今回はチームラボプラネッツオリジナルの限定メニューもお目見え。そのひとつが「ヴィーガンラーメン花(冷)」(1980円、数量限定)。しなやかでコシのある自家製麺に、旨味・甘味・酸味をバランスよく配合したスープが絶妙にマッチしている。エディブルフラワー(食用花)を贅沢にあしらった華やかさとともに、食べ応えも清涼感も備えた1品となっている。

もうひとつの「ヴィーガンラーメン茶」(1650円)は、佐賀県嬉野に拠点をおくEN TEAの茶葉を使用。だしにお茶特有の旨味が加わり、芳醇なコクと味の余韻を作り出してくれる。

関連記事:

ピックアップ

楽園のような幻の浜を映す。サンゴ釉の美しい器/鹿児島県・与論町「ゆんぬ・あーどぅる焼」
おいしくSDGs!人や地球にやさしい、東京のヴィーガンレストラン8選!ベジタリアン対応も【サステナブルチャレンジ】
年に1度のいちごフェスが今年も開催!ヒルトン東京のスイーツビュッフェ「ストロベリー・ブーケトス」
湘南でクラフトビールを造るブルーパブへ_MEETS SAKEBITO Vol.11