うそでしょ…保育園の運動会でハイボール!?奔放な義両親にうんざりした体験談

うそでしょ…保育園の運動会でハイボール!?奔放な義両親にうんざりした体験談

当時1歳だった長男の保育園の運動会でのお話です。長男は1歳の春に入園し、私たち家族にとって初めての運動会でした。私は近くに住んでいる義両親にも声を掛けるべきと思い、運動会の話を伝えると「ぜひ行きたい」とのこと。そのときの私は、運動会での義両親の勝手な行動にうんざりしてしまうことになるとは想像していませんでした。

当時1歳だった長男の保育園の運動会でのお話です。長男は1歳の春に入園し、私たち家族にとって初めての運動会でした。私は近くに住んでいる義両親にも声を掛けるべきと思い、運動会の話を伝えると「ぜひ行きたい」とのこと。そのときの私は、運動会での義両親の勝手な行動にうんざりしてしまうことになるとは想像していませんでした。


※コロナ禍前の体験談です


うそでしょ…保育園の運動会でハイボール!?奔放な義両親にうんざりした体験談

うそでしょ…保育園の運動会でハイボール!?奔放な義両親にうんざりした体験談

レジャーシートを敷いて応援

運動会は、保育園の近くにある小学校の校庭を借りておこなわれました。長男の保育園は小さな規模の園だったのですが、系列保育園3園の合同運動会だったので、園児は計120人ほど。


保護者や家族はそれぞれレジャーシートを敷いて、ビデオや写真の撮影をしていました。かけっこやダンスなどの競技が始まると、子どもを見やすい場所に移動して応援することもでき、保護者は自由に動ける雰囲気でした。

長男の競技は前半で終了

0歳児や1歳児は体力も集中力も続かないため、幼いクラスの競技はプログラムの最初のほうに固められていました。長男は歌に合わせて踊ったり、保護者と一緒に20mくらい走ったりするなど3つの競技に参加。義両親は長男に「頑張ってね」と声を掛け、楽しそうに写真撮影していました。


しかし、長男の出場競技が終わると一変。まだ午前10時ごろだったのですが義母が「早退させてランチ行かない?」と言い出したのです。閉会式でも、体操を披露してくれる予定だったので、私が「閉会式にも参加させたいので、先に行っていてください」と言うと、しぶしぶ校庭に残ることを了承してくれました。

関連記事:

ピックアップ

〈子宮外妊娠〉「げっ。なぜ急に?」救急車で大病院へ搬送される直前、まさかの出来事が!
<小学生トラブル>「学校に行かなきゃダメ?」傷害事件が解決しないまま、突然息子が登校を渋るように
<ヤバい義母>「あなた、顔に似合わず…」ひどい!嫁の洗濯物を見た義母の驚愕のセクハラ発言とは?
<夫が行方不明に>「見て見ぬふりするしかない」夫が帰ってこなくても、仕事も辞め行き場がない私は…