後遺障害3級の認定方法は?後遺症状や賠償金の相場など3点解説

後遺障害3級の認定方法は?後遺症状や賠償金の相場など3点解説

後遺障害3級は、どのようなケースで認定される後遺障害等級なのでしょうか。

あなたは今、あなた自身もしくはあなたの近しい人が交通事故に遭ってしまい後遺障害等級3級が認定される可能性がある。

そのような状況ではないでしょうか?

この記事ではそもそも後遺障害3級に該当する障害はどのようなものか、認定を受けるにはどうしたらいいか、また、3級の慰謝料はいくらかについて説明していきます。

お読み頂ければスムーズに後遺障害等級認定を受けて慰謝料請求することが可能となります。

交通事故に遭い悩まれている方のご参考になれば幸いです。

交通事故の後遺障害については以下の関連記事もご覧ください。

1、後遺障害3級は後遺障害等級のひとつ―「後遺障害が残る」とはどのような状態?

(1)そもそも後遺障害とは?

交通事故によって負傷すると、治療が始まります。治療を受けていると、通常、その症状は、だんだんとよくなっていきます。そして、そのまま完治すれば問題はありません。

しかし、ある一定のところまで回復した後、もう、それ以上は、どのような治療をしても回復しないと医学的に判断されることがあります。この段階になると、「症状固定」となります。

そして、症状固定の時点での障害が後遺障害です。

(2)後遺障害等級認定とは?

後遺障害は、あらかじめ、1級から14級までに分類され、それぞれ要件が決まっています。この要件に当てはまっているかどうかを審査し、認定することを後遺障害等級認定と言います。なお、14級にも当てはまらなければ、非該当と認定されることになります。

後遺障害の等級によって、損害賠償金の中の「後遺障害慰謝料」や「後遺障害による逸失利益」などの金額が変わってきますから、後遺障害等級が何級と認定されるかというのは重要なことなのです。

2、後遺障害等級3級の認定を受けることができるのはどのような場合?

(1)後遺障害別等級表・別表第2

等級

内容

3級1号

1眼が失明し、他眼の視力0.06以下になったもの

3級2号

咀嚼又は言語の機能を廃したもの

3級3号

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの

3級4号

胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの

3級5号

両手の手指の全部を失ったもの

次の項目では、この5種類の後遺障害5級の症状が具体的にどのようなものとなるのか、説明します。

(2)各号の症状の説明

①「1 1眼が失明し、他眼の視力0.06以下になったもの」とは?

  • 「失明」とは、①眼球を摘出した場合、②照明を点滅させたときに、明暗を弁別できない場合またはようやく明暗を弁別できる程度である場合(明暗弁)、③手のひらを眼前で上下左右させたときに、動きの方向を弁別できる程度である場合(手動弁)が含まれます。指数弁(指の数を答えることができる場合)は「失明」とは扱われません
  • さらに、もう片方の目の視力が0.06以下になったことが要件ですが、これは、交通事故の前には、0.06を超える視力があったこと及び、交通事故によって、視力が0.06以下になったことを証明する必要があります

②「2 咀嚼又は言語の機能を廃したもの」とは?

  • 「咀嚼の機能を廃したもの」とは、流動食しか摂取できない状態であることを言います
  • 「言語の機能を廃したもの」とは、4種の言語のうち、3種以上の発音が不能になった状態のことを言います

4種の言語とは、下記のとおりです。

口唇音

ま行音、ぱ行音、ば行音、わ行音、ふ

歯舌音

な行音、た行音、だ行音、ら行音、さ行音、しゅ、し、ざ行音、じゅ

口蓋音

か行音、が行音、や行音、ひ、にゅ、ぎゅ、ん

喉頭音

は行音

③「3 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」とは?

  • 「生命維持に必要の身のまわり処理の動作は可能であるが、労務に服することができない」場合に上記要件に当たるとされています。最近では、高次脳機能障害もこの要件に含まれます

④「4 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」とは?

  • 胸腹部臓器には、気管、食堂、肺、心臓、胃、肝臓、脾臓、胆のう、腎臓、小腸、大腸、尿管、膀胱などから生殖器まで含まれます。これらの胸腹部臓器の機能に著しい障害が残ったことにより、「生命維持に必要な身の回り処理の動作は可能であるが、労務に服することができない」と判断された場合に後遺障害等級3級となります

⑤「5 両手の手指の全部を失ったもの」とは?

  • 「手指を失った」とは、母指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失ったものとされており、具体的には、①中手骨又は基節骨で切断した場合、②近位指節間関節(母指にあっては指節間関節)において、基節骨と中節骨を切断した場合が該当します

「近位指節間関節」とは、指の関節のうち、指の付け根に近い方の関節です。爪に近い方の関節は「遠位指節間関節」と言います。親指の関節は1つですので、単に「指節間関節」といいます。手の指の骨は、指先から順番に「末節骨」、「中節骨」「基節骨」と呼ばれ、指の付け根より下の骨(手のひらの方の骨)は、「中手骨」と呼ばれます。

関連記事:

ピックアップ

うちの会社は休みが少ない?サービス残業、休日・無休出勤への対処法4選
有休取得の義務化における3つのメリットと違反した場合の罰則を解説
任意整理後も自己破産はできる?できないケースや注意点も解説
長時間労働の5つの相談窓口~弁護士に依頼すべきメリットを解説