後遺障害診断書とは?後遺障害等級認定の決め手について解説

後遺障害診断書とは?後遺障害等級認定の決め手について解説

交通事故で怪我をして、治療を受けても完治しなかった場合は、入通院中の慰謝料や休業損害などとは別に、後遺障害慰謝料や逸失利益などを請求することができます。

これらの後遺障害に関する損害賠償を請求するためには、後遺障害等級の認定を受ける必要があります。
そして、後遺障害等級認定の際の決め手となるのが、後遺障害診断書です。

このように、後遺障害診断書は交通事故の損害賠償において非常に重要な書類なのですが、一般の方にとってはほとんどなじみがないものだと思います。

そこで今回は、

  • そもそも後遺障害診断書とは何か
  • 後遺障害等級認定に有利な後遺障害診断書の記入例とは
  • 後遺障害等級認定に有利な後遺障害診断書を書いてもらうにはどうすればよいのか

といった問題を中心に、後遺障害診断書について詳しく解説していきます。

後遺障害に関する損害賠償請求をお考えの方の参考になれば幸いです。

交通事故の後遺障害については以下の関連記事もご覧ください。

1、そもそも後遺障害診断書とは?

後遺障害診断書とは、自賠法上の後遺障害等級認定を申請するために必須となる書類です。

交通事故の治療中は、毎月、自賠責保険用の「診断書」が発行されます。
この段階での診断書には、発行される時点での症状や治療の内容が記載されます。

やがて、治療を続けても完治せず、症状が良くも悪くも変化しない状態になると、「症状固定」の診断を受けます。
この症状固定の後に、その時点で残っている後遺障害に関する診断結果を記載したものが後遺障害診断書です。

後遺障害診断書には、残存した症状の内容や、今後の症状の見通しなどが記載されます。
この後遺障害診断書に記載された内容に基づいて、後遺障害等級の認定を受けることになります。

以下、後遺障害診断書について、もう少し詳しく解説を続けます。

(1)記載する事項

後遺障害診断書には、患者の氏名・性別・生年月日・住所・治療開始日・受傷日・傷病名・入院期間又は通院期間及び既存障害などのほかに、以下のような情報が記載されます。

  • 症状固定日
  • 総通院期間及び総入院期間
  • 実通院日数
  • 自覚症状
  • 各部位の後遺障害の内容
  • 障害内容の増悪・緩解の見通し

(2)後遺障害診断書は誰が書く?

後遺障害診断書も診断書のひとつですので、これを書くことができるのは医師に限られます。
原則として、事故後ずっと診察してきた主治医が作成することになるでしょう。

なお、複数の障害が発生し、それらの障害が複数の診療科(整形外科と耳鼻咽喉科など)にまたがるような場合には、後遺障害診断書も診療科毎に作成してもらうことがあります。

ここで注意しなければならないのは、整骨院では作成してもらえない、ということです。
整骨院で施術をするのは柔道整復師であり医師ではないので後遺障害診断書を作成することはできません。

そのため、整骨院の方が通いやすい等の理由で、事故後から整骨院にのみ通院すると、いざ後遺障害診断書を作成してもらおうと病院に行っても、これまでの症状の経緯がわからないことを理由に、後遺障害診断書の作成を断られてしまうことがあるのです。

 

(3)後遺障害診断書の作成費用

後遺障害診断書を作成してもらうためにかかる費用は病院ごとに異なりますが、5千円~1万円程度のことが多いです。

後遺障害診断書料は相手方保険会社が払ってくれるケースもありますが、被害者が立て替えた上で、示談金で清算されることも多いでしょう。
なお、後遺障害等級に該当しない結果となると、後遺障害診断書料と交通事故との因果関係が認められないことを理由に立て替えた後遺障害診断書料の支払を拒否されるケースもあります。

(4)後遺障害診断書の作成にかかる期間

後遺障害診断書は通常の診断書よりも記載内容が複雑な上に、改めて検査が必要な場合もあります。
そのため、医師に後遺障害診断書の用紙を渡した当日に発行してもらえることは多くありません。

医師によって異なりますが、医師に後遺障害診断書の作成を依頼してから完成までに概ね2週間程度の時間がかかると思っておくのが良いでしょう。

(5)後遺障害診断書の用紙のダウンロード

病院によっては後遺障害診断書の用紙を備えているところもありますが、そうでない場合は用紙を医師に提供しなければなりません。

保険会社から用紙を受け取って医師に渡すこともできますが、今ではインターネット上で手軽に後遺障害診断書の用紙を入手することもできます。

下記から後遺障害診断書の用紙をダウンロードできるようにしましたのでご活用ください。

後遺障害診断書の用紙のダウンロードはこちら

2、後遺障害診断書の重要性とは?

本記事の冒頭で、後遺障害診断書は後遺障害等級認定の決め手となる重要な書類であることを指摘しました。

実際のところ、後遺障害診断書の記載内容次第で、受け取ることができる損害賠償金が数百万円から場合によっては数千万円も異なってくる可能性があります。

以下のご説明をお読みいただければ、後遺障害診断書の記載内容がいかに重要であるかについて十分におわかりいただけることと思います。

(1)後遺障害等級認定の審査は書類でのみ行われる

後遺障害等級を認定するのは主治医でもなければ相手方保険会社でもありません。
「損害保険料率算出機構」という機関が認定を行います。

この機関では、申請者から提出された書類のみで中立公平に審査を行い、後遺障害等級を認定します。

申請する際には、後遺障害診断書の他にも、受傷直後から治療期間中に毎月作成される診断書、カルテ、レントゲンやCT、MRIなどの画像、検査結果など様々な資料も提出します。

これらの提出資料の中で、最も重要なのが後遺障害診断書です。

損害保険料率算出機構は、まず後遺障害診断書を見て、後遺障害等級を認定できるかどうか、認定できる場合は何級に該当するかを判断しているものと思われます。

したがって、たとえ本当に後遺障害が残っていても、その症状が後遺障害診断書に記載されていなければ、後遺障害はないものとして審査されてしまいます。
この場合、後遺障害等級は認定されません。

また、実際の症状よりも軽いように後遺障害診断書に記載されていると、本来の後遺障害等級よりも軽い等級に認定されてしまいます。

(2)後遺障害等級の認定結果による賠償額の違い

例えば、交通事故でむち打ち症となり、完治せずに後遺障害等級認定を申請すると、認定されうる等級は「12級」か「14級」であり、「非該当」となることも多いです。

後遺障害等級が認定された場合は、後遺障害慰謝料と逸失利益を請求することができます。

ここに、年収500万円の30歳男性がむち打ち症で後遺障害等級認定の申請をした場合に、受け取ることができる損害賠償額を「12級」、「14級」、「非該当」で比較してみると以下のようになります。

後遺障害等級

後遺障害慰謝料

逸失利益

合計

12級   

290万円

597万1140円

887万1140円

14級   

110万円

114万4925円

224万4925円

非該当   

0円

0円

0円

※むち打ち症を想定しているので、労働能力喪失期間は12級で10年、14級で5年として計算しています。

このように、非該当と12級では賠償額に887万円以上の開きが生じます。

数ある傷病の中で比較的軽傷であるむち打ち症ですらこれほどの差が生じうるのですから、後遺障害診断書の記載内容ひとつで受け取ることができる賠償額に数千万円の開きが生じることも珍しくないのです。

後遺障害診断書がいかに重要な書類であるかについて、改めて意識しておきましょう。

関連記事:

ピックアップ

養育費請求の弁護士費用はどれくらい?払えないときの対処法も解説
監査役とは?主な仕事内容や設置が必要な会社等について解説
36協定とは?労働者が知っておくべき知識【2019年(2020年)改正対応】
社会保険のない会社と対抗するために知りたい7つのこと