脳ドックって何歳くらいから受けた方がいいの? 何の病気が分かるの?

脳ドックって何歳くらいから受けた方がいいの? 何の病気が分かるの?

脳の疾患は自覚症状が少なく、初期段階では気づかないことが多い傾向にあります。症状が出た時には、もう手遅れになっているということも少なくありません。そのような事態を防ぐためにおすすめなのが脳ドックです。今回は、脳ドックの検査について「臨床検査技師」の納家さんに詳しく解説していただきました。

納谷さん

監修:
納家 はるか(臨床検査技師)

大学卒業後は大阪の総合病院にて、臨床検査技師として勤務。文章を書くことが好きで、自分の知識や経験を活かした情報を発信することを理念として活動中。

脳ドックは脳疾患を見つけるための検査

脳ドックは脳の病気を見つけるための検査

編集部

脳ドックとはどのような検査ですか?

納家さん

脳ドックはMRIや採血など複数の検査を組み合わせたもので、脳の萎縮や疾患を早期発見するための検査になります。人間ドックは全身を一通り調べる検査ですが、脳ドックは脳に特化して行います。脳の状態を詳しく調べることで、現在の脳疾患だけでなく将来的な脳疾患の可能性も調べることができます。

編集部

脳ドックではどのような病気が分かりますか?

納家さん

脳の萎縮や脳動脈瘤、脳卒中、脳腫瘍などの診断が可能です。これらの疾患を早期発見するために行うのが脳ドックです。脳卒中には、脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の血管が破れる脳出血、くも膜下出血があります。脳卒中は主に動脈硬化が原因で起こります。脳の疾患は、突発的なものが多く、命に危険が及んだり、後遺症が残ったりすることが多いため、早期発見や適切な治療を行うことが重要です。

編集部

脳ドックの詳しい検査内容を教えてください。

納家さん

頭部MRIで脳の断層撮影、頭部MRAで脳の血管撮影、頸動脈エコー検査で頸動脈の狭窄の有無、ABIで動脈硬化の状態、心電図で不整脈の確認、血液検査で脳梗塞のリスク評価などを調べています。通常の脳ドックは、上記の検査を複数組み合わせて行います。

脳ドックは40歳以上におすすめの検査

脳ドックは40歳以上におすすめの検査

編集部

脳ドックは何歳くらいから受けたほうがいいのでしょうか?

納家さん

脳ドックは40歳以上の方におすすめしたい検査です。なぜなら、40歳を過ぎると脳血管疾患のリスクが高まるためです。40歳以下の方でも高血圧、脂質異常症、糖尿病、動脈硬化などの持病がある方や、家族に脳卒中になった人がいる方、多量の飲酒や喫煙をする方、頭痛が気になる方などは、一度、脳ドック検査を受けることをおすすめします。

編集部

どれくらいの頻度で受けるべきでしょうか?

納家さん

初めての脳ドック検査で特に異常が見つからなければ、それ以降は2〜3年に一度程度の頻度で十分です。ただし、自覚のない脳疾患が見つかった場合は1〜2年に一度、要注意の異常が見つかった場合は半年から1年に一度の定期検査が望ましいとされています。

編集部

脳ドックを受けるときに注意することはありますか?

納家さん

MRIを受ける時は、アクセサリーや時計などの金属類は外すようにしましょう。また、妊娠中の方、ペースメーカーを心臓に埋め込んでいる方、脳動脈瘤のクリップ手術をした方、そのほか体内に金属がある方はMRIを受けることができませんので注意が必要です。

関連記事:

ピックアップ

「痛みに対する治療の目的によって受診先が変わる」、ペインクリニックと整形外科との違いについて
様々な症状が起こる更年期障害、どのように対策すればいいの?
オミクロン株に従来ワクチンが効かない場合、100日以内にワクチン供給へ
予防歯科先進国と比較して見えた、日本人の「歯の健康」のあり方とは