100均でハロウィンを飾ろう!玄関飾りや仮装に使えるアクセも

100均でハロウィンを飾ろう!玄関飾りや仮装に使えるアクセも

「今年のハロウィンは何をしようかな?」と悩み中の場合は100均アイテムで手作りハロウィンを楽しんでみませんか。リースやアクセサリー、部屋飾りなど子どもと一緒にできる簡単なものばかりです。動画で作り方を紹介しているのでぜひハロウィン装飾の参考にしてみてください。

ハロウィンとは?

秋の収穫をお祝いし、悪霊を追い払う行事

10月31日はハロウィンです。

ハロウィンはもともと、古代ヨーロッパのケルト人が秋の収穫を祝うお祭りでした。

この日には、死んだ人のたましいや悪霊が街に来ると考えられていたそうです。人々は焚き火をして、悪霊を家に入れないようにしました。

ハロウィンがアメリカに伝わると、かぼちゃをランタンにしたり、おばけの仮装をして町中を歩き回ったりするイベントに変わっていきました。

100均で手作りのハロウィンを楽しもう!

意外と簡単!手作りハロウィンリース

リースといえばクリスマス装飾の定番ですが、かぼちゃを飾ると一気にハロウィン仕様に!

リボンや葉っぱ、木の実など、100均で揃う材料を使って手作りリースを作りましょう。

玄関やドアに飾れば、ハロウィン気分を盛り上げてくれます。

1.リースの土台を用意します。

© 2015 every, Inc.

2.リースの土台に毛糸を十字に結びます。

© 2015 every, Inc.

3.縦の毛糸にひっかけて斜めに結びます。

© 2015 every, Inc.

4.反対も同様にして結ぶ。

© 2015 every, Inc.

5.毛糸の間と間を蜘蛛の巣に見えるように、2段分片結びしていきます。

© 2015 every, Inc.

© 2015 every, Inc.

6.グルーガンで造花をとめて飾り付けます。

© 2015 every, Inc.

6.完成!

© 2015 every, Inc.

詳しい作り方は動画を確認してください。

今年の飾りつけはどうする? 手作りハロウィンリース

切って置くだけ!ハロウィンらしさが出る飾り

ハロウィンのパーティーで、部屋の飾り付けに迷ったときも100均アイテムが大活躍!

材料を切って置くだけでできるのに、グッとハロウィンらしさを演出できる優れものです。

紙の色や大きさを変えて、スケルトンおばけを部屋のあちこちに飾ってみましょう。料理のお品書きやケーキピックなどに使っても可愛いですよ。

1.ラミネートフィルム、画用紙、ペン、棒を用意します。

© 2015 every, Inc.

2.おばけの形に画用紙を切り抜きます。

© 2015 every, Inc.

3.ラミネートフィルムで紙を挟みます。

© 2015 every, Inc.

4.顔を描いて棒を貼り付けます。

© 2015 every, Inc.

5.完成!

© 2015 every, Inc.

パーティーにも大活躍!

© 2015 every, Inc.

詳しい作り方は動画を確認してください。

【保育士監修】ハロウィン工作 スケルトンおばけ

100均で仮装のアイテムも簡単に!

ハロウィンといえば気合が入る「仮装」!とはいえ、全身を揃えるとなると意外とお金もかかってしまいますよね。

そこで、細かな仮装グッズは100均の材料で手作りしてみましょう。

手作りなのでデザインは自由自在。

今回は基本のネックレスの作り方を紹介しているので、ティアラやカチューシャなどにアレンジして楽しんでみてくださいね。

長さを調節すれば大人でも使用OK!

1.シートとグルーガン、グルースティック(蛍光ペンもあれば)を用意します。

© 2015 every, Inc.

2.シートの上にグルーガンでグルースティック(接着剤)を流します。

 両端は紐を通すため、やや大きめの丸にしましょう。

© 2015 every, Inc.

3.グルースティック(接着剤)が冷えたら、蛍光ペンで色をつけます。

 (グルースティックに色がついているものもあります。)

© 2015 every, Inc.

4.両端の輪に紐を通せば完成!

© 2015 every, Inc.

デザインは自由自在!

クモの巣、ティアラ、傷跡風も。

© 2015 every, Inc.

詳しい作り方は動画を確認してください。

簡単・可愛い! ハロウィンネックレス

注意事項

・グルーガンは高熱で樹脂を溶かして接着する道具のため、先端は絶対に触らないよう注意してください。おもちゃではないため子どもの手の届かないところで使うようにしてください。

・棒は思わぬ事故に繋がりますので、子どもの手の届かないところで使うようにしてください。

・刃物を扱う際はケガに十分お気をつけください。

関連記事:

ピックアップ

子どもも大好き 鶏ごぼうとひじきのおにぎり(1歳6ヶ月頃から/おとな)
シャキシャキ美味しい ごぼうと卵のサンドイッチ(2才頃から/おとな)
お宮参りの写真はどこでどんな服装で撮る?場所や服装のポイントを紹介
洗濯機のドライコースとは?使い方やドライクリーニングとの違いを解説