【SDGs】「食品ロス」と「フードロス」は同じ意味?なにが違うの?フードウェイストなど、言葉の意味を専門家が解説

【SDGs】「食品ロス」と「フードロス」は同じ意味?なにが違うの?フードウェイストなど、言葉の意味を専門家が解説

最近よく耳にする食品ロス・フードロスという言葉。日本では、年間612万トンもの食品が食べ残し、売れ残りや期限が近いなどの理由で食べられる状態なのに廃棄されている。そもそも食品ロスとフードロスは意味が同じと思っている人も多いのでは。そこで言葉の違いを解説。あわせてフードウェイストなど関連キーワードもおさらい。

今回のサステナブルチャレンジは“言葉の意味や由来を正しく理解して、今の食生活を見直してみること”



食品ロス・フードロスとは?





「食品ロス」とは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品のことを指します。お店や自宅で食べきれずに残したもの、使いきれずにダメにしてしまった食品、スーパーなどで期限が過ぎてしまって廃棄される食品などのすべてが食品ロスです。

農林水産省の調査によると、日本では年間2531万トン(※1)の食品廃棄物等が出されていて、このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品は約600万トンだとか(※1)。これは日本人全員が、毎日茶碗約1杯分の食べ物を捨てている計算になります。
世界に目を向けると、生産された食料の約1/3が食品ロスとして廃棄されているんです(※2)。

※1 農林水産省及び環境省「平成30年度推計」
※2 FAO「世界の食料ロスと食料廃棄―その規模、原因および防止策」(2011)



関連記事:

ピックアップ

【漫画連載】何この胸のトキメキ…と思ったら更年期の症状だった時に読む話(後編)
【体験レポ&限定クーポンも】日本では珍しい「マインドフルネス専門サロン」が渋谷にオープン
約7mの生木クリスマスツリー!ほっこり温かい舞浜駅イクスピアリ(R)の【イルミネーション2021】
22年間の感謝を込めた最後のライトアップ!ヨーロッパを感じるヴィーナスフォートの【イルミネーション2021】