11月1日は世界ヴィーガンデー!手軽に作れておいしいヴィーガンレシピを大特集

11月1日は世界ヴィーガンデー!手軽に作れておいしいヴィーガンレシピを大特集

オズモールとはじめる、SDGsアクション。小さな“サステナブルチャレンジ”から挑戦してみませんか? 毎年11月1日は「世界ヴィーガンデー」だって知っていた? 身体にやさしいだけでなく、地球環境にも貢献できるヴィーガン。今回は、植物性の材料のみを使用した簡単&おいしいレシピを大特集。食卓を彩る前菜や、野菜やフルーツを使用したボリューム満点のおやつまで。ぜひ参考にして、いつもの食卓に一品ずつ取り入れてみて。

食卓を彩る、簡単&おいしいヴィーガン料理レシピ



【ビーツのフムス】栄養もたっぷり!食卓を彩る華やかな一品





始めにご紹介するのは、ポジティブなライフスタイルと食生活を発信している、@yumibasedさんのフムス。フムスというと、ひよこ豆をメインに使うイメージだけれど、こちらは色鮮やかなビーツを使用した一品。ミネラルやビタミン、食物繊維も豊富でスーパーフードともいわれるビーツは、積極的に摂取したいところ。調理が難しくハードルが高いと感じている人も、このレシピなら気軽にチャレンジできそう。カリカリに焼いたバゲットやクラッカーでディップして召し上がれ。

■@yumibasedさんのコメント
「ビーツをローストして作ったフムス。私はノーマルなフムスよりこっちが大好き。
サラダにトッピングしたり、トーストに塗ったり万能に活用できるよ、この分量で多ければ半分にするか余った分は冷凍してもOK。」?



材料&レシピ

<材料>
・ビーツ 小さめ1つ
・ひよこ豆  200g(煮汁or缶の汁少し取っておく)
・タヒニ 20g
・にんにく 1かけら
・塩 2つまみくらい
・レモン果汁 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ2
・ブラックペッパー お好みで
 
<レシピ>
1.アルミホイルで包んだビーツをオーブンで4、50分ロースト。しっかり中まで火が通ったら皮を剥いてミキサーへ。
2.1にほかの材料もすべてて入れてなめらかになるまで混ぜる。
時々味を確認して、ひよこ豆の煮汁、レモン果汁やオイルを調整してお好みの味に。テクスチャーを整えたら完成。



関連記事:

ピックアップ

【漫画連載】何この胸のトキメキ…と思ったら更年期の症状だった時に読む話(後編)
【体験レポ&限定クーポンも】日本では珍しい「マインドフルネス専門サロン」が渋谷にオープン
約7mの生木クリスマスツリー!ほっこり温かい舞浜駅イクスピアリ(R)の【イルミネーション2021】
22年間の感謝を込めた最後のライトアップ!ヨーロッパを感じるヴィーナスフォートの【イルミネーション2021】