管理栄養士おすすめ!フライパンひとつ10分で!緑黄色野菜と豚肉のマヨ炒め

管理栄養士の熊橋麻実です。毎日の食事の中で、野菜は摂れていますか?1日350g以上の野菜の摂取が勧められていますが、その1/3は緑黄色野菜であることが理想と言われています。緑黄色野菜はほうれん草・小松菜などの葉物類やにんじんやかぼちゃなどの色の濃い野菜のことです。今回は、小松菜とにんじんをたっぷり美味しく食べるレシピをご紹介します。

緑黄色野菜に含まれる栄養素は?

緑黄色野菜はβ-カロテンを豊富に含む野菜です。

β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されることからプロビタミンAとも呼ばれ、皮膚や粘膜、免疫機能を守ったり、視力を維持したりする役割があります。

また、変換されなかったβ-カロテンは、抗酸化物質として働き、老化予防(アンチエイジング)や生活習慣病予防に効果があるといわれています。

緑黄色野菜の種類

緑黄色野菜はほうれん草・小松菜・ねぎ・トマト・かぼちゃ・にんじん・ピーマン・ケールブロッコリー・パプリカなどがあります。

色も味も濃い野菜が多いので、苦手な方も多い野菜が並びます。

この中でも今回は、小松菜とにんじんを使った子どもから大人まで食べやすいレシピをご紹介します。

関連記事:

ピックアップ

【心理テスト】これ何に見える?答えでわかる「あなたの刺激を求める度」
ニットもアウターも本当に可愛い~♡全部3000円以下!しまむら「新作アイテム」特集
簡単なのに豪華に見える!米粉で作れる♡洋梨のガトーインビジブル
着るだけで即旬♡GU「コーデュロイフレアパンツ」でつくる冬のキレイめカジュアルコーデ