同じ相手と続いている旦那は本気?妻ができる対処法を弁護士が解説

同じ相手と続いている旦那は本気?妻ができる対処法を弁護士が解説

3、同じ相手と続いている旦那と離婚するなら有利な離婚を

同じ相手と続いている旦那との離婚を選択するなら、より有利に離婚することが重要です。

離婚を決めた後は慰謝料や財産分与など、自分が望む離婚条件について考えてみてください。

離婚への気持ちや条件をまとめておくことで、自分のペースで交渉しやすくなります。

離婚条件を決めるときは弁護士に相談しておくことをおすすめします。

弁護士に相談したときは、夫に離婚を切り出すタイミングや交渉の進め方についてもアドバイスを受けておきましょう。

離婚をより有利に進められます。

(1)慰謝料請求が可能

浮気は慰謝料の請求対象になります。

請求の相手は夫と浮気相手です。

どちらか片方に請求することもできますし、夫と浮気相手の両方に請求することも可能です。

夫が「離婚できないだろう」と甘く見ていた場合は、夫に対して断固とした気持ちを示すために慰謝料請求してもいいでしょう。

長年苦しめられた浮気相手にだけ請求するのも良いかもしれません。

妻の気持ち次第です。

浮気慰謝料の額は妻が受けた精神的な苦痛の度合いが高いと判断されれば、その分だけ増額される傾向にあります。

浮気期間の長さも慰謝料の額に関係する要素です。

(2)慰謝料以外の条件も有利にまとめるべし

離婚のときは慰謝料以外にも決めなければならないことがあります。

同じ相手と続いている旦那に裏切られ続けたのですから、心の傷の分をしっかり上乗せしてもらうつもりで交渉すべきです。

同じ相手と続いている旦那と離婚するときに決めておく必要があるのは、以下のような条件です。

  • 財産分与
  • 離婚後の生活をどうするか
  • 子供の親権、養育費(子供がいる場合)
  • 離婚後の住居(どちらが引っ越すのか)
  • 離婚後の住宅ローン支払いをどうするか
  • 年金分割 

弁護士に依頼して有利な条件で離婚を成立させられるよう交渉してもらうという方法もあります。

4、同じ相手と続いている旦那との離婚をすぐに決められない場合は別居も選択肢に

生活などの事情から同じ相手と続いている旦那とすぐに離婚できない場合や、離婚そのものを迷っている場合は、夫と別居して離婚や関係修復について考えるという方法もあります。

(1)離婚前の別居のメリット

同じ相手と続いている旦那と離婚する前に別居するメリットは5つあります。

  • 夫婦関係が破綻していると認められやすくなる(離婚しやすくなる)
  • 別居することで落ち着いて離婚準備しやすくなる
  • 夫の浮気や顔を見なくて済む(ストレスから解放される)
  • 離婚か修復関係か自分の気持ちを見直す時間ができる
  • お互いが冷静になれる

同じ相手と続いている旦那と最終的に「離婚する」という決断を下した場合、別居により夫婦関係が破綻しているとみなされやすくなることや、離婚準備がゆっくりできることなどは特にメリットになります。

①お互いに冷静になる期間ができる

同じ相手と続いている夫と最終的に「関係を修復する」という決断を下したとしても、離婚前に別居するメリットがあります。

別居することによりお互いの気持ちや家庭のこと、夫婦関係について冷静に見直すきっかけになりますので、夫は浮気を悔いて相手と別れるかもしれません。

そして、あらためて夫婦として家庭を維持しようと心を決めるかもしれません。

妻も気持ちが離婚に傾いていたところ、冷静になってよく考えてみたら「関係修復すべきではないか」と思うかもしれません。

迷っているときに勢いで離婚して後悔するより、冷却期間を置いて考えてみるのも良い方法です。

②生活費は旦那に請求可能

別居していても夫婦である以上、生活費などの面で助け合わなければいけません。

夫の方が妻より収入が高いのであれば、妻は夫に婚姻費用の分担を請求できます。

婚姻費用とは食費や居住費、医療費などの生活費のことです。

このまま離婚を進める場合でも、夫婦である以上は婚姻費用を分担しなければいけません。

(2)別居前に浮気の証拠はつかんでおくこと

別居をするときは先に同じ相手と続いている旦那の浮気の証拠をつかんでおくことが重要です。

浮気の慰謝料請求や離婚では旦那や浮気相手が「浮気などしていない」と言い逃れする可能性があります。

相手や旦那が素直に認めなければ慰謝料請求は困難になるのです。

素直に応じないときに決め手になるのが旦那の浮気の証拠になります。

一緒の家で生活しているときは旦那の浮気の証拠をつかむ絶好の機会です。し

かし別居してしまうと、証拠がつかみにくくなってしまいます。

証拠探しのために自宅に戻るのは不自然ですし、旦那の慰謝料請求や離婚の動きを察知されるリスクもあるのです。

探偵の離婚や慰謝料請求に使える浮気の証拠収集を依頼するケースを除き、別居前に証拠をしっかりと集めておきましょう。

証拠の収集方法や使える証拠については弁護士に確認を取っておくと安心です。

(3)別居期間は事前に決めておくことがベター

同じ相手と続いている旦那と別居するときは事前に別居する期間を決めておきましょう。

期間内に関係を修復するか、それとも離婚するか決めるのです。

別居期間を決めておきたい理由はふたつあります。

ひとつは別居期間を決めずに長期に渡って別居すると、旦那を浮気相手に取られる心配があることです。

別居した時点で夫が本気か分からず、今後のことも冷静に考えるため別居期間を設けたとします。

しかしこの別居期間で夫と浮気相手の距離が近づいてしまい、夫が本気になってしまいました。

これでは関係修復も難しくなります。

もうひとつの理由は夫からの離婚を申し入れられるリスクがある点です。

別居期間が5年を超えて長期になると離婚が認められやすくなります。

夫が妻との長期別居を理由にして逆に離婚を申し入れた場合、離婚が認められやすくなってしまうのです。

別居することにより気持ちも距離も離れて関係修復が難しくなる心配もあります。

別居するときは期間を決め、その間に答えを出して必要な行動に移すことが重要です。

関連記事:

ピックアップ

相手が慰謝料払ったのに離婚しないのはあり?
生前贈与を相談してスムーズな相続を進めるための3つのポイント
実家を相続する際の基本知識|相続トラブルになる4つのケース
相続に強い弁護士を東京で探すための3つのポイント