子どもの髪型に口を出しすぎる両親…。我慢の限界だった妻がとった強行策とは!?【パパの体験談】

子どもの髪型に口を出しすぎる両親…。我慢の限界だった妻がとった強行策とは!?【パパの体験談】

私は5歳と1歳の男の子の父親です。現在は私の両親と同居していて、私たち夫婦は共働きのため、帰ってくるまで子どもたちの面倒を両親に見てもらっています。母は面倒見がよくとても助かっているのですが、孫のことになると少々口を出しすぎるところがあり、なかなか意思表示ができない妻は好き勝手言われることもしばしば……・。そんな家庭内で子どもの髪型をめぐって起こった出来事を紹介します。

私は5歳と1歳の男の子の父親です。現在は私の両親と同居していて、私たち夫婦は共働きのため、帰ってくるまで子どもたちの面倒を両親に見てもらっています。母は面倒見がよくとても助かっているのですが、孫のことになると少々口を出しすぎるところがあり、なかなか意思表示ができない妻は好き勝手言われることもしばしば……・。そんな家庭内で子どもの髪型をめぐって起こった出来事を紹介します。

母と妻の考え方の違い

わが家の子どもたちは3カ月に一度まとめてガッツリと散髪します。耳と眉は完全に出て襟足を刈り上げる程の長さなのですが、散髪したばかりの子どもたちの髪型を母はいつも気に入らないようでした。母は丸いシルエットのかわいらしい髪型が好みで、散髪する直前が特にお気に入りでした。


反対に妻は、かわいらしい髪型だと女の子に間違われるということもあり、短い髪型にしたいのです。

母が突然…「短くしないで!」

子どもたちの髪が伸びてきて、そろそろ床屋さんに行く時期になったときのこと。仕事が終わりの妻が家に帰ると、下の子どもの髪型が朝と微妙に変わっていたそうです。「え! どうしたの?」と妻が母に聞くと、母が前髪と耳にかかる部分をかわいくなるように切ったとのこと。


「そろそろ床屋さんに行く時期だったのに。切る前にひと言教えてほしかった……」と思ったという妻。すると母が突然「散髪代を出すから、もう短くしないで」と言い出したそうです。

関連記事:

ピックアップ

「いやー!赤ちゃんなんかいらない!」泣いて拒否!ひとりっ子生活が長かった長女が次女を受け入れるまで
「職場でもれちゃった…」出産後に悩まされた尿もれ!改善のために私が始めたこと【体験談】
つらく苦しい就活を乗り越えて…ついに、言うときが!/失敗プロポーズ29
「さっさと行ったらいいのに」義母の衝撃発言にショックを受けたママが意外な方法で反抗!?