おでこや眉間、目尻のしわってなんでできるの? クリニックでできる治療を教えて!

おでこや眉間、目尻のしわってなんでできるの? クリニックでできる治療を教えて!

年齢とともに増えていく、顔のしわ。マスク生活で目元が目立つようになった昨今、気になる人は多いでしょう。「おでこや眉間、目尻のしわはなぜできるのか」「どんな方法で予防や治療をできるのか」。「大西皮フ科形成外科医院」の院長である、大西勝先生に詳しいお話を伺いました。

大西 勝

監修医師:
大西 勝(医療法人 大美会 大西皮フ科形成外科医院 滋賀大津石山院 院長)

香川医科大学(現・香川大学医学部)卒業。京都大学医学部附属病院形成外科、大阪赤十字病院形成外科などを経て、1997年に大西皮フ科形成外科医院・滋賀大津石山院を開院。その後、2012年に京都四条烏丸院を開院。日本形成外科学会認定専門医、日本臨床皮膚外科学会認定医、日本臨床抗老化医学会認定医など、多数の資格を有する。

おでこや眉間のしわができる原因は?

おでこや眉間のしわができる原因は?

編集部

おでこや眉間、目尻のしわはなぜできるのでしょう?

大西先生

原因は「過剰な表情の癖」です。眉を頻繁に上げることでおでこに横じわができ、険しい表情をすると眉間に縦じわができやすくなります。笑った時にも目尻にしわが寄りますね。おでこの横じわは、一重まぶたの人ほどできやすくなっています。まぶたが目にかぶさりやすいため、それを持ち上げようとして眉毛を上げて、その動きでおでこにしわができてしまうわけです。

編集部

眉を上げたり表情を動かしたりする以外の原因はあるでしょうか?

大西先生

肌のハリが減少すると、同じように筋肉を動かしていても、よりしわになりやすくなります。肌のハリが減る原因は、紫外線、乾燥、加齢などですね。

編集部

おでこや眉間、目尻のしわは予防できるのでしょうか?

大西先生

表情の癖に気をつけるということ以外では、予防は難しいと考えます。エクササイズやマッサージなどの方法もありますが、やはり限界があります。なので、しわは深くなる前から治療するのがいいでしょう。ボトックスやヒアルロン酸の注射が特に有効です。

ボトックス注射による治療

ボトックス注射による治療

編集部

治療法について詳しく教えてください。まずはボトックスから。

大西先生

A型ボツリヌス毒素という、筋肉の作用を弱める成分を注射します。これで、しわの原因になっている筋肉の過剰な動きを弱め、しわを寄せようとしても“できなくする”わけですね。

編集部

筋肉の動きを止めて、表情が不自然になることはないのでしょうか?

大西先生

はい。しわが深くなるということは、筋肉が過剰に動いているということです。それを弱めても表情が損なわれることはありません。

編集部

眉間にもおでこにも有効でしょうか?

大西先生

はい。ただ、おでこのしわは、患者さまによってはボトックス注射が出来ないこともあります。おでこの筋肉がゆるむと、まぶたが垂れ下がってしまうため一重の方や、もともとまぶたがかぶさり気味の方の場合は難しいこともあります。

編集部

ボトックスの効果は、どのくらい続くのでしょう?

大西先生

一般的に3~6カ月とされています。ただ、体感としてはこれより長くなります。というのは、3~6カ月の間に表情の癖が取れるので、ボトックスの効果が切れた後も、しわができにくくなります。そのような理由で、ボトックス自体の効果よりも、少し長く効き目を実感できることが多いのです。もちろん、この実感には個人差があります。

編集部

ボトックスの品質は、メーカーによって違いがあるのでしょうか?

大西先生

そもそも「ボトックス」という言葉自体が、1つの商品名です。正式名称は「ボツリヌス毒素製剤」というのですが、アラガン社という会社の「ボトックス」があまりに有名になったため、この名前で定着しています。最近ではたくさんの製剤が登場していますが、効果に大きな差は無いと思います。

編集部

効果以外では何か違いはあるのでしょうか?

大西先生

アラガン社のボトックスは、厚生労働省が承認しているボツリヌス製剤ということから、製剤の信頼性は高いといえます。ただ、厚生労働省の承認は受けていなくとも、韓国製などで優れた製剤は多くありますよ。

関連記事:

ピックアップ

~実録・闘病体験~ 難病の赤ちゃんと過ごした10カ月に及ぶ入院生活《ヒルシュスプルング病》
日本人の1000人に1人が発症している「パーキンソン病」、その原因や症状について医師が解説
二重手術後に一重に戻ってしまう原因と「戻らないようにする」対策
シミ取りのレーザー治療後に出来た「かさぶた」はキレイに治るのか 不安の声に医師が回答