いまさら聞けない「内視鏡」について そもそも検査? 手術なの?

いまさら聞けない「内視鏡」について そもそも検査? 手術なの?

体に負担の少ない検査として知られる「内視鏡検査」。人間ドックなどでもおなじみですが、一体、内視鏡とはどのようなものなのでしょうか? どんな特徴があり、どのような病気を見つけるのに役立つのでしょう。天白宮田クリニックの宮田雅弘先生に教えてもらいました。

宮田雅弘

監修医師:
宮田 雅弘(天白宮田クリニック 院長)

藤田保健衛生大学(現・藤田医科大学)医学部卒業。名古屋掖済会病院、春日井市民病院で勤務したのち、藤田保健衛生大学消化管内科助教および同大学医学部客員助教就任。2016年に内視鏡だけでなく大腸CTもそろえるなど、充実の設備を完備して天白宮田クリニック開院。苦痛の少ない内視鏡を得意とし、胃腸のトラブル、生活習慣病、切り傷の治療など、幅広い症状に対応。地域住民のかかりつけ医として、地域医療に幅広く貢献している。

「内視鏡」とはなにか

「内視鏡」とはなにか

編集部

そもそも内視鏡とは、どのようなものですか?

宮田先生

内視鏡とは、細い管(ファイバー)の先端にカメラがついた検査機器のことです。これを体内に挿入することで、通常、見ることができないような細部に至るまで、細かく状態を確認することができます。

編集部

内視鏡にはどのような種類があるのですか?

宮田先生

どの内臓を調べるのかなど、用途によって内視鏡は分類されます。たとえば食道、胃、十二指腸が対象なら「上部消化管内視鏡」が使われますし、また、大腸や直腸を観察するなら「大腸内視鏡」が使われます。そのほかにも、「膵臓・胆道内視鏡」や「小腸内視鏡」もあります。

編集部

主に、どのような目的で使われるのですか?

宮田先生

内視鏡を使用する一番のメリットは、内臓を直接見ることができる、ということです。その特性を生かし、まず用いられるのは、がんの診断です。内視鏡が開発されたことで、より正確に、がんの有無や進行の具合を確認できるようになりました。

編集部

ほかには、どのような病気を見つけることができるのですか?

宮田先生

使用する内視鏡によって異なりますが、たとえば上部消化管内視鏡なら胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の診断に用いられます。また、大腸内視鏡なら大腸ポリープや大腸憩室、潰瘍性大腸炎などを調べることができます。

編集部

内臓の様子を調べるのに、「胃カメラ」もよく聞く名前です。内視鏡と胃カメラは、どう違うのですか?

宮田先生

そもそも胃カメラは内視鏡の中の一種類です。胃カメラの正式名が「上部消化管内視鏡検査」ですので、違いは何もありません。たとえて言うなら「すし」の中の一つに「マグロ」があるような関係性ですね。

編集部

内視鏡は、どのような処置を行えるのですか?

宮田先生

たとえば、内視鏡検査を行った結果、大腸にポリープが見つかった場合、一定の大きさまでは内視鏡でポリープを切除することが可能です。そのほか、出血している場合には止血をすることもできます。検査と治療を一度で行えるため、患者さんにとっては負担が減りますし、体にとっても負荷が少なくなります。

内視鏡検査はどうやって行うの?

内視鏡検査はどうやって行うの?

編集部

内視鏡には「検査」と「治療」という、二つの役割があるということですね。それではまず、内視鏡検査についてお聞きしたいのですが、具体的に、検査はどのように進められるのですか?

宮田先生

一例として、もっともよく用いられる上部消化管内視鏡を例に説明しましょう。上部消化管内視鏡の場合は、体への挿入方法が二つあります。一つが鼻から入れる「経鼻」タイプ。もう一つが口から入れる「経口」タイプ。どちらの方法を選ぶかは、医師が指定することもありますし、患者さんご自身で選べる場合もあります。

編集部

経鼻と経口は、ただ挿入方法が異なるだけですか? それぞれ特徴があるのでしょうか?

宮田先生

厳密にいえば、それぞれ特徴が異なります。まず経鼻内視鏡は、鼻の穴から挿入するため、直径5〜6mmという、非常に細いファイバーを使用しています。一方、経口は口から入れるため、直径が8〜9mmと、経鼻に比べてやや太め。経口の場合は舌根部に触れるため嘔吐反射が起こりがちで、苦痛を感じる人もいます。

編集部

そうすると、経鼻の方が楽なのですか?

宮田先生

確かに経鼻の方が嘔吐反射がないため、挿入は楽かもしれません。しかしその反面、経鼻は経口よりもファイバーが細いため、ファイバーの先端に設置して処置や検査で使用する機材に制限がありますし、操作性が若干劣ります。そのため、病気の有無を判断するなら経鼻でも良いでしょうが、ポリープや腫瘍の切除など、より高度な治療を検査とともに行う場合は経口を使用することがほとんどです。

編集部

検査時の苦痛が気になります。鎮静剤などを使用するのですか?

宮田先生

確かに、上部消化管内視鏡を経口で行う場合、嘔吐反射が辛いと感じる人もいるでしょう。また大腸内視鏡検査では、内視鏡を挿入する際に大腸の中を見やすくするため、大腸を伸ばしたり、炭酸ガスを入れたりします。そのため、苦痛を感じる人もいます。その場合、医療機関によっては、鎮静剤などを注射することにより意識を低下させて緊張をやわらげ、苦痛を軽くすることもあります。

編集部

鎮静剤を使う医療機関と、使わない医療機関があるのですね。

宮田先生

そうです。ただし世界的に見ると、鎮静剤を使って内視鏡検査を行う国が大半。確かに、鎮静剤を使うと苦痛は軽減されますが、デメリットもあります。たとえば、検査当日は薬剤の影響が残る可能性があるため、検査後に1時間程度の休息が必要だったり、自動車やバイクの運転ができなかったりなどです。それでも「苦しいから受けたくない」といって大きな病気を見逃してしまうのは、もっと大きなリスクになります。苦痛が心配で検査を受けるか迷っている人は、ぜひ、鎮静剤を使って検査を行っている医療機関を訪ねてみてはいかがでしょうか。

関連記事:

ピックアップ

~実録・闘病体験~ 難病の赤ちゃんと過ごした10カ月に及ぶ入院生活《ヒルシュスプルング病》
日本人の1000人に1人が発症している「パーキンソン病」、その原因や症状について医師が解説
二重手術後に一重に戻ってしまう原因と「戻らないようにする」対策
シミ取りのレーザー治療後に出来た「かさぶた」はキレイに治るのか 不安の声に医師が回答