知っておきたい乳がんのタイプ、分類によって異なる治療法

知っておきたい乳がんのタイプ、分類によって異なる治療法

年々、発症する人が増加している「乳がん」。実は、ひとくちに乳がんといっても、様々なタイプがあることをご存知でしょうか。また、治療方法や予後も、乳がんのタイプによって異なるようです。はたして、乳がんにはどのようなタイプがあるのか、「目白乳腺クリニック」の緒方先生に教えていただきました。

緒方 晴樹

監修医師:
緒方 晴樹(目白乳腺クリニック 院長)

東京医科大学卒業後、聖マリアンナ医科大学大学院卒業。聖マリアンナ医科大学病院乳腺・内分泌外科部長などを経た2019年、東京都豊島区に「目白乳腺クリニック」を開院。女性が気軽に受診できる「乳がん検診・治療・フォローアップ専門クリニック」として、東京逓信病院乳腺センターと密に連携しながら、地域に密着した医療活動をおこなっている。日本外科学会外科専門医・指導医、日本乳癌学会乳腺専門医・指導医。日本乳癌検診学会、日本臨床外科学会、日本癌治療学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会の各会員。聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科非常勤講師。

乳がんのタイプとは?

乳がんのタイプとは?

編集部

乳がんには、様々なタイプがあると聞きました。

緒方先生

はい。乳がんといっても、おとなしい性格のタイプもあれば、進行の早い厄介な性格のタイプもあるため、ひと括りにはできません。それぞれ性質がまったく異なるため、治療法や治療薬も異なります。乳がんの状態や特徴、患者さんの希望などに合わせた治療をおこなうためには、まず乳がんのタイプを把握することが必要です。

編集部

どのようにして、タイプ分けされるのですか?

緒方先生

がん細胞が持つ性質によって、いくつか大まかに分類します。本来は遺伝子検査をおこなう必要があります。ただし、煩雑で時間がかかりすぎるので、遺伝子検査の代わりに手術や針生検などで採取した乳がんの組織を詳細に調べて、どのタイプのがんかを便宜的に分類しています。

編集部

具体的に、どのようなタイプがあるのですか?

緒方先生

乳がんは、「ホルモン受容体」、「HER2(ハーツー)タンパク」、「がん細胞の増殖活性(Ki67)」という3つの要素の組み合わせによって分類されます。ホルモン受容体は、がん細胞の核内にあるエストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンが結びつく受容体が陽性か陰性か。HER2タンパクは、がん細胞の表面にHER2と呼ばれるタンパクが過剰に発現しているかどうか。Ki67は、がん細胞が増える速さの程度を示すKi67の陽性率が高いか低いか。それぞれの性質を見極めて、以下の図のように分類します。

編集部

なるほど。3つの軸を掛け合わせて分類するのですね。

緒方先生

そうです。これらを掛け合わせることにより、大きく分けて5つのタイプに分類していきます。まず「ホルモン受容体陽性乳がん」ですが、これはがん細胞の内部にホルモン受容体と呼ばれるタンパク質が存在しているタイプです。上の図では「サブタイプ分類」欄の「ルミナルA型」や「ルミナルB型」という名称で示されています。

編集部

次の「HER2型」とは、どのようなものですか?

緒方先生

これは図の通り、HER2が陽性のタイプです。HER2タンパクは、がん細胞の増殖を促す役割をしています。このHER2タンパクが、がん細胞の表面に過剰に出現しているタイプは「HER2陽性乳がん」もしくは「HER2タイプ」と呼ばれます。

編集部

最後の「トリプルネガティブ」とは、どのようなものですか?

緒方先生

これは、がん細胞の内部または表面に、ホルモン受容体の発現もHER2タンパクの過剰発現もみられないタイプです。エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2の3つが陰性であるため、トリプルネガティブと呼ばれています。

タイプ別の治療法は?

タイプ別の治療法は?

編集部

これらの中で、最も患者数が多いタイプはどれなのでしょうか?

緒方先生

乳がんの約70%は、ホルモン受容体が陽性のがんです。ホルモン受容体陽性乳がんは、女性ホルモン(エストロゲン)がスイッチとなって増殖します。そのため、「エストロゲン受容体陽性乳がん」と呼ぶこともあります。なお、HER2型とトリプルネガティブは、同じくらいの比率です。どちらも乳がん全体の10%を占めると言われています。

編集部

タイプによって治療法は異なるのですか?

緒方先生

もちろん、タイプによって治療法は変わります。例えば、ホルモン受容体が陽性の場合、がん細胞は女性ホルモンに反応して増殖するため、女性ホルモンを抑制する抗ホルモン療法をおこないます。もっと細かく言えば、同じようにホルモン受容体が陽性のタイプでも、がん細胞が増殖するスピードを示すKi67が高いか低いか、さらに、HER2が陽性か陰性かによっても治療法は分かれます。

編集部

そうなると同じホルモン受容体が陽性のタイプでも、上の図のように「ルミナルA型とルミナルB型では治療法が違う」ということですね。

緒方先生

その通りです。ルミナルA型はホルモン療法単独での効果が期待されます。その一方、ルミナルB型は、ホルモン療法に加えて化学療法をおこなうことも検討されます。

関連記事:

ピックアップ

~実録・闘病体験~ 難病の赤ちゃんと過ごした10カ月に及ぶ入院生活《ヒルシュスプルング病》
日本人の1000人に1人が発症している「パーキンソン病」、その原因や症状について医師が解説
二重手術後に一重に戻ってしまう原因と「戻らないようにする」対策
シミ取りのレーザー治療後に出来た「かさぶた」はキレイに治るのか 不安の声に医師が回答