11月22日はいい夫婦の日♡夫婦が長続きする絶対的な8つのコツ

11月22日はいい夫婦の日♡夫婦が長続きする絶対的な8つのコツ

11月22日はいい夫婦の日。

1988年に財団法人余暇開発センターが夫婦で余暇を楽しむライフスタイルを提唱し、「いい夫婦」との語呂合わせで11月22日に決定したといわれています。

日本中の夫婦にいっそう素敵な関係を築いてほしいという思いが込められているそうです。

夫婦と言えども長く一緒にいれば、ケンカだったり、倦怠期だったりが訪れますよね。

ラブラブだった時期が懐かしい、もうあんな気持ちにはなれないの?と思いがっかりしてしまうことも。

一緒にいるためにはお互いのコミュニケーションや思いやりを持てるような努力が必要です。

今回はいい夫婦の日にちなんで結婚しても”ラブラブ”な夫婦が実践している、長続きする絶対的な8つのルールをご紹介します♪

長続きするコツ1.とにかくよく話す。スキンシップをとる。

カップル・夫婦が長続きする絶対的な8つのコツ

話す内容はたわいもないことでも、たくさん会話をすることが大事です。一緒にご飯食べて、同じ布団で寝る。お互い歩み寄ることが重要です。

とことん話合うことで、心のすれ違いも少なくなります。

例えばパートナーの行動が怪しいと思ったなら、その事をしっかり伝えましょう。携帯をこっそり見ないで、堂々と「携帯をみせて!」と言ってみましょう。

長続きするコツ2.いつまでも名前やあだ名で呼び合う。

カップル・夫婦が長続きする絶対的な8つのコツ

「パパ」、「お父さん」、「あんた」、「ねぇ」、「ちょっと」…。

あなたはパートナーのことを何と呼んでますか?長い期間一緒にいると、名前を呼ぶことすらしなくなるカップルもいますよね。

子どもの前では「パパ」や「お父さん」でも良いかもしれません。

でも2人の時くらいは、付き合ったころのような呼び方で呼んでみてはいかがでしょうか。

関連記事:

ピックアップ

【誰のためにやるの?】10歳の2分の1成人式はやめるべき?
意外と多い!年末年始にやってはいけないこと12選
2022年の厄年は何歳?厄除け・厄払いの全国神社マップ付き
【厄年だった人必見!】今さら人に聞けない「厄払いへ行く日・服装・料金」は?