平時のリスクは災害時にも(1) – 交通事故が増える原因を知って対策しよう

平時のリスクは災害時にも(1) – 交通事故が増える原因を知って対策しよう

災害時には、平時のリスクや問題、危険性がより大きくなったり、顕在化すると言われています。夜道での交通事故も、その一つかも知れません。
阪神淡路大震災の時には、発災から1年後には約13〜15%程度交通事故が増加しているという研究結果も発表されています。(参照: 道路交通環境に着目した大地震発生前後の交通事故分析
もちろん、大きな震災などの時には、道路等に損傷が生じたり、停電などで信号が使えなくなるということが起こり、交通事故の発生に影響を与えているかも知れません。しかし、災害時のストレスなどで運転が荒くなるということもあります。交通事故は、車を運転する人だけでなく、道を行き交う人がそのリスクを理解して行動することでも減らすことができます。
どのような時に、どのような危険性があるかなどを知り、日頃から気をつけて行動することが、きっと大きな災害が起こった時にも役立つはずです。

死亡事故が最も多い時間帯は午後5時〜7時

警視庁の統計によると、年間で交通死亡事故が多い季節は、10月〜12月の秋から冬にかけて。そして、1日のうちで交通死亡事故の一番多い時間帯は、午後5時〜午後7時の夕暮れ時。特に、日没前後1時間の「薄暮時間帯」が多く発生しています。2016年〜2020年までの統計を見ると、この時間帯の交通死亡事故の発生は、昼間の時間帯と比較すると、なんと4倍もの件数にのぼるのです。
この原因としては、様々なことが考えられますが、一つには「薄明」の時間が短くなることがあるかも知れません。薄明とは、日没後や日の出前に、しばらく薄明かりの状態が続くことを言います。上空の大気の中のチリなどが太陽光を散乱させることによって起こる現象です。
薄明時間が継続する時間は、6月が一番長く、日が沈んでから約2時間かけてゆっくりと暗くなっていきますが、9月を過ぎると日没後1時間25分程度で暗くなっていきます。
「秋の日は釣瓶落とし」ということわざがありますが、この数十分の差が、急に暗くなったと感じさせます。しかし、夏の間の薄明時間の長い季節から秋の短い季節に移ろっていく時には、ドライバーのヘッドライトの点灯も遅れがちで、また、気づいたときには暗くなっているために歩行者などが見えにくく、事故につながりやすいということもあります。

警視庁の統計では、この時間帯の自動車と歩行者の死亡事故の約9割は、歩行者が道路を横断している時に発生していると出ています。その中でも、約8割は横断歩道以外で発生していて、走行車両の直前直後の横断などの法令違反も見られます。日中と朝晩の寒暖差も激しくなり、歩行者が少しでも早く帰宅したいと考えて無理な行動をしてしまうことも、死亡事故につながっているかも知れません。

歩行者ができる事故防止対策

横断歩道ではないところを渡ったり、無理な横断をすることで発生する交通死亡事故が統計上も多数上がっています。歩行者が事故に遭わないためにまずできることは、交通ルールを守ることです。
面倒だと思っても、横断歩道が近くにあるところでは、横断歩道を横断する。交差点では、道路標識などで斜め横断できるとされているところ以外では、道路を斜めに横断しないことも大切なことです。斜め横断すると近いように思うかも知れませんが、交差点上での横断距離も時間も長くなり、危険です。歩行者横断禁止の標識が出され、横断が禁止されている道路は、もちろん横断してはいけません。

急に暗くなる秋の夕暮れ時には、歩行者から自動車は見えていても、ドライバーからは歩行者が見えにくいことがよくあります。特に、歩行者が黒などの暗い色の服装の場合には、より一層ドライバーから見えにくくなります。
夕暮れ時の事故に巻き込まれないためには、歩行者自身がドライバーから見えやすくする工夫をすることがリスクを下げることにつながります。明るい色の服を着るなどの工夫が効果的です。反射材という、受けた光を、光が来た方向に強く反射する素材を使った靴を履いたり、キーホルダーやリストバンド、衣類などを身に着けることでも、ドライバーに自分の存在を早めに知らせることにつながります。

関連記事:

ピックアップ

ピクトグラムから知る、災害時の注意
日本を守る地震予測。緊急地震速報や地震がおこる確率はどのように調べている?
人はどうやったら避難するのだろう?
災害に便乗した悪質商法に注意。高額被害や詐欺に加担してしまうことも!