元成城石井のバイヤーがNZで造るワイン!「MUTU 睦」の魅力を本人に語ってもらった

元成城石井のバイヤーがNZで造るワイン!「MUTU 睦」の魅力を本人に語ってもらった

日本でも徐々に広まりをみせ、世界的な評価も高まってきているワイン。山梨や北海道での生産が有名ですが、その味わいや日本人ならではの緻密で繊細な構造のワインは、いま海外からも熱い視線が送られています。

また、最近では日本人らしい繊細な技術を活かして異国の地で、日本人がワイン造りにチャレンジしていることも多いんです。

今回ご紹介する「MUTU 睦」も、ニュージーランド(NZ)でワイン造りを行う*エノログ・寺口さんが造ったブランド。日本では醸造家としてだけでなく、食品輸入会社の社長として異色のキャリアを積んできたワイン醸造家・寺口さんが造るワインは一体どのような味わいなのか。ワイン造りに対する想いや、味わいの特徴を本人に直接お伺いしてきました。

*エノログ:高等教育や大学の学位によって確認された、科学的・技術的知識を基にワインの専門分野の職務を行なうことができる醸造技術者のこと。

ニューワールドの中でも大人気!ニュージーランドワインの魅力

ワインの世界におけるニューワールドって?

フランスやイタリアなど、古くからワイン造りが行われていた国に対して、ワイン造りの歴史が比較的浅い国のことを「ニューワールド」と呼びます。近年、ワイン造りがさかんな日本もニューワールドの1つ。その他、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、チリ、南アフリカなどもニューワールドに分類されます。

複数のエリアで作られる新たなワイン大国?

南半球に位置するニュージーランドは北側が温暖、南側が冷涼な気候の地域として知られていますが全体的にみると比較的涼しい気候でワインを造っている産地。

ぶどうを完熟させて造る濃いワインに対して、ニュージーランドはクールクライメイトと呼ばれる、涼しい気候下で作られるブドウからエレガントで酸味と渋味のバランスが取れたワインを造っていくというのが1つのトレンド。同じような気候の生産地として挙げられるのは、カナダやアメリカ・オレゴン、フランスといったエリアが挙げられます。

主な名産地としてはソーヴィニヨン・ブランの一大生産地「マールボロ」や、国内最古の生産地「ホークス・ベイ」の他「ワイララパ」「ネルソン」「セントラル・オタゴ」などがあります

ソーヴィニヨン・ブランだけじゃない!多種多様なぶどう品種と味わい

世界的にみると、やはりニュージーランドワインは「ソーヴィニヨン・ブラン」のイメージが強いですが、国内に目を向けてみるとシャルドネやシラー、メルロー、ピノ・ノワールなども人気の品種。

ぶどう品種に加え、地域によってことなる様々な味わいのワインが楽しめるのがニュージーランドワイン最大の特徴と言えるでしょう。

異色の経歴を持つワイン醸造家!NZでワイン造りにはげむ寺口さんが造る「MUTU 睦」

ワイン醸造家・寺口信生さん

北海道・札幌出身。ホークス・ベイ「Moana Park Winery 」に勤務するワイン醸造家。

山下

寺口さんは、ニュージーランドでのワイン醸造を行う前に日本で面白いキャリア・経歴を積んできた方だとお話をうかがっていますが、どのようなバックグラウンドをお持ちなのですが?

寺口さん

確かに、他の醸造家とは少し異なるキャリアの歩み方かもしれませんね。大学で醸造について学んだ後「余市ワイン」に就職して7年ほどワインを造る仕事を行っていました。その後、東京でも醸造を学ぶなど全国各地の方々と知り合いながら、ワイン造りのエキスパートを目指していました。

山下

ここまで聞くと、いわゆる王道を歩んでいる気がしますね。

寺口さん

実はその後、ワーキングホリデーでニュージーランドに語学と醸造を学びにいったんですが、帰国後は醸造の仕事ではなく「成城石井」の輸入担当として働いていました。その後、成城石井のワインや食品輸入を行う子会社で社長を務めるなど、20年ほど勤務していましたね。

山下

え!ワイン醸造の勉強でニュージーランドに行ったのに帰国後は別の仕事に就いたんですか!?(笑)

 

寺口さん

はい、そこが少し異色な部分と言われる部分でしょうね(笑)当時30歳前後で自身のキャリアを考えたときに、このままワイン造りをしていくかどうか迷った時期だったんです。今は、たくさんの造り手の努力で日本ワインの地位や評価も高まってきましたが、残念ながら当時は日本のワインに対する評価も高くなかったですし、色々な迷いや葛藤があったんです。

山下

確かにそれは面白い経歴ですね。しかし、その後またワイン醸造の世界に戻ってきたんですよね?

寺口さん

そうですね。多くの造り手が努力した結果、日本ワインの評価も年々高まってきました。その様子を、同じワイン業界にいながらも別の立ち位置でみていたわけなのですが、自身の中で何か熱いものが芽生えていったというか。

生涯をかけてお酒に携わる仕事をしたいと思っていたので、エノログの資格を取るなどワインの現場とはずっとつながりを持っていました。

そこを突き詰めて考えたときにやっぱり自分はワインを造るのが好きなんだなと再確認した形ですかね。そこで、2017年にニュージーランドに移住することに決めたんです。

現在、エノログの資格を持ちながら、海外のワイナリーで働いているのは私1人です。

山下

日本でもワイン造りが盛んになっている現状を考えると、また思い切った選択ですよね(笑)

▲ワイン造りを行っている最中の寺口さん

寺口さん

日本でやることももちろん考えたのですが、どうせやるなら新しい場所でチャレンジしたかったんですよね。妻がニュージーランド人だったというのもありますし、子どもが小学校を卒業するといういいタイミングでもあったので(笑)

最初はヴィラ・マリアなど現地の有名なワイナリーで研修をさせていただいたり、畑仕事をさせていただいたりと経験を積みながら交流を重ねていき、良いご縁があって今のMoana Park Wineryで働かせていただけることになりました。

関連記事:

ピックアップ

自然派のチューハイ「natura WATTA シークヮーサーサワー」が発売!
新商品のエシカル・ジンを含む「CACAO ÉTHIQUE バレンタインセット」販売!
アルコール度数0.00%のノンアルコールブランド「よわない檸檬堂」発売!
スパークリングワイン「フレシネ カルタ ネバダ」がリニューアル新発売!