「虫食い」で着られなくなった古着カシミヤニットをアップデートして販売開始

アパレル事業を展開するヒューマンフォーラムが運営する「mumokuteki(ムモクテキ)」は、古着のカシミヤニットをパッチワークで再構築した「古着のアップサイクル商品」を11月17日(水)に、同ブランド全店舗、ECサイトにてリリースした。

同ブランドでは2015年から古着のアップサイクルに取り組んでいる。

アップサイクルとは

アップサイクルとは「貴重なアンティーク古着だけど汚れが目立つ」「まだ着られるけど、ダメージが気になる」「状態は良いけど、そのままの形では需要がない」等の理由で、そのままでは着用しづらい古着へアイデアと手仕事を施し、付加価値を付けること。

そして、誰かにまた必要とされるような洋服へ変化させることだ。

カシミヤニットのアップサイクル

古着は経年劣化に伴い、虫食い・穴あきなどのダメージが発生しているケースが多々ある。なかでもカシミヤニットは、上質な素材だが虫食いダメージが起きやすいアイテムだ。

そこで、今回のアップサイクル商品は、あえて「古着のカシミヤニット」を材料に選んだ。

もとのダメージを無くし、付加価値をつける方法に選んだのは“秋冬ファッショントレンドのパッチワーク”だ。

古着のカシミヤニットを1着づつ、丁寧にダメージを確認し、組み合わせる色をセットする。

ピックアップ

タピオカのプロが開発!“もっちり とろり”の「ドリンク用わらび餅 洛山」発売
新型コロナによる献血者減少の対策を支援!ユニクロが1都10県の店舗で献血活動を実施
「鬼滅の刃」登場キャラクターの名シーン&名セリフをプリントしたUSBメモリーが発売
House Martinより、絵本から飛び出したような“一輪挿し”がクラファンに登場!