Makuakeで1500万を集めた!革新的ライスウイスキー『沖縄 BLUE 8年』を専門家がガチレビュー

Makuakeで1500万を集めた!革新的ライスウイスキー『沖縄 BLUE 8年』を専門家がガチレビュー

久米仙酒造が発売するライスウイスキー『沖縄 BLUE 8年』ってなに?

ウイスキーファンの人でも、普段あまり聞き馴染みのない「ライスウイスキー」。名前の通り、米由来のウイスキーなのですが「焼酎と何が違うの?」「それってウイスキーって言えるの?」など、様々な疑問が浮かんできますよね。

久米仙酒造が発売するライスウイスキー『沖縄 BLUE 8年』は、泡盛酒造だからこそ実現可能な製法で醸造した、世界的に見ても珍しい1本なんです。

お米由来の樽熟成酒の良さを最大限活かした、新しいウイスキー

『沖縄 BLUE 8年』に使用されているベースのお酒は、久米仙酒造の蔵に貯蔵されていた樽熟成フィニッシュ8年貯蔵酒。そこに、最も相性が良いとされた8年熟成のスコットランド産モルトウイスキーを厳選し、独自のブレンド技術によって完成した1本です。

実は、日本国内でウイスキーとして販売するためには税法の関係で「原酒の割合10%以上の麦芽から造られたモルトウイスキーをブレンド」する必要があります。

『沖縄 BLUE 8年』では、樽熟成酒の味わいを最大限に活かすため、10%ブレンドするモルトウイスキーを何種類もテスト。その結果、8年熟成のスコットランド産モルトウイスキーにたどり着いたのだそう。

このウイスキーならではの複雑な味わいが、熟成泡盛の風味と絶妙に絡み合った『沖縄 BLUE 8年』は、名実ともにライス“ウイスキー”として発売することができるのです。

沖縄だからこそ!?気候を活かした熟成技術と樽へのこだわり

5大ウイスキーという言葉があるように、古くからウイスキーの名産地としてしられている地域は比較的涼しいことが多いです。しかし、近年では台湾産のウイスキーが世界的に高い評価を得るなど、亜熱帯地域で製造されたウイスキーにも注目が集まっています。

暖かい地域で造られるウイスキーは、熟成が早いのが最大の特徴。そのため比較的短い年数の熟成でも、芳醇で濃厚な味わいのお酒に仕上がるとされています。

久米仙酒造が工場を置いているのも、亜熱帯気候の沖縄。今後さらに注目を浴びるであろう“亜熱帯気候の蒸留酒”として、新たな価値観を提示する1本になっているのです。

また、『沖縄 BLUE 8年』樽熟成に使用されているのはアメリカ・ケンタッキー州から直接買い付けたバーボン樽。久米仙酒造の酒質とも馴染みやすいこのバーボン樽を用いた熟成により、バニラのような芳醇で甘い香りを実現するとともに、年月を重ねるごとにまろやかで深い旨みが生まれるのです。

瓶詰め後も熟成が続く“育てる”ライスウイスキー

泡盛が持つお酒としての特徴。それは、瓶詰めした後もその中で熟成が続くということ。『沖縄 BLUE 8年』は、ウイスキーでありながら泡盛の特徴である“瓶内熟成”もするという世界的にも珍しい希少なお酒です。

購入後すぐに開けて楽しむのもいいですが、大切に置いておくことで徐々に香りは芳醇に、口当たりはまろやかに、力強い旨味と味わい深さが“育って”いきます。

これこそが、久米仙酒造『沖縄 BLUE 8年』最大の魅力とも言えるのです。

先行販売のMakuakeで話題沸騰!目標金額の150倍となる1500万以上の支援が!

業界内でも話題となっている久米仙酒造『沖縄 BLUE 8年』。発売開始を前に、先行限定販売となったMakuakeのプロジェクトでは目標金額1,000,000円だったのに対して、最終的に応援購入総額15,719,010円という目標達成率1571%を記録。

発売前から、泡盛ファン、ウイスキーファンだけでなく様々なジャンルのお酒好きから注目を浴びていました!

また、パッケージも非常に重厚で高級感があることから、贈答品やプレゼントとしても大活躍してくれそう。お酒好きの人ヘの気の利いた、ちょっと特別感のあるプレゼントとして、世界でも珍しいライスウイスキー『沖縄 BLUE 8年』を贈るのも粋ですよね!

関連記事:

ピックアップ

「富山スモーキーハイボール」50万本達成記念のプレゼント企画開催!
北園涼と楽しむリモート飲み会イベント「第3回 リモート涼飲み」開催!
「サントリーワインカフェ〈ワインソーダ〉」の赤・白が全国で新発売!
少し贅沢な和の味わいを追究した「堅あげポテト匠味 鉄板仙台牛味」発売!