「551蓬莱」創業者の味を継承!恵比寿「羅家 東京豚饅」はオープン初日で1時間待ち!?

「551蓬莱」創業者の味を継承!恵比寿「羅家 東京豚饅」はオープン初日で1時間待ち!?

2021年11月25日(木)、豚饅専門店「羅家 東京豚饅」が、東京・恵比寿にオープン!大阪土産の定番「551蓬莱」の創業者の孫が監修した豚饅が販売されます。 “あの豚饅” のできたての味を東京でも堪能できますよ♪

東京・恵比寿に豚饅専門店「羅家 東京豚饅」が誕生

2021年11月25日(木)、豚饅専門店「羅家 東京豚饅」が、東京・恵比寿に開店しました。これまで関西でしか展開してこなかった、豚饅の名店「551蓬莱」創業者の味を東京でも楽しめるとしてSNSは騒然。オープン前から話題を呼び、開店当日はなんと1時間以上待つ、長蛇の列ができたそうですよ。

macaroni 編集部もさっそく潜入。伝統の味を継承した豚饅の味をたしかめてきました。

大阪土産の定番「551蓬莱」の創業者の孫が監修した豚饅

「羅家 東京豚饅」は大阪土産の定番「551蓬莱」の創業者、羅 邦強氏の孫である、羅 直也氏が創業者の味を再現した豚饅専門店です。

手作りにこだわり、“できたてが命” というポリシーを受け継ぎ、創業者の味を再現した完全無添加の豚饅を販売。食べやすくてふっくらとした豚饅は、家庭はもちろん、差し入れやお土産にも最適です。

店内にはイートインスペースもあるので、テイクアウトだけではなくその場でも味わえますよ。まさに台湾の小さな飲食店を想起させる、風情のある看板が見事。

熟練の台湾人スタッフが毎日手包み

同店の豚饅はその道数十年、本場台湾出身の熟練スタッフの方々が毎日手で包みます。素早い手さばきで着々と包まれていく様子は圧巻。タイミングが合えば、店内のガラス越しにその姿を眺めることができますよ。

ピックアップ

炊飯器で簡単にできる!オートミールごはんの炊き方
鳥羽シェフ監修のハンバーガー店や日本初の倉庫丸ごと使用の横丁が登場【今週の新店 #58】
切って混ぜて焼くだけ!食卓華やぐ「切り干し大根の台湾風オムレツ」【きじまりゅうたさん考案】
チンゲンサイでごはんが進む!お肉と合わせるボリュームおかず4選