自己破産したら友人からの借金はどうなるの?

自己破産したら友人からの借金はどうなるの?

いろいろなところから借金して、自己破産を検討せざるを得ないということがあります。

その借金の中には友人からの借金が含まれていることもあるでしょう。

サラ金ならいいけど、友人には迷惑かけたくない、友人関係を壊したくないから、友人の借金だけは返しておこうと考えることもあるでしょう。

しかし、自己破産に関しては破産法の定めに沿って行わなければならず、友人の借金だけを返してしまうと、かえって友人に迷惑をかけてしまったり、また、ご自身にとっても不利益になることがあります。

そこで、自己破産する場合に友人の借金はどうすれば良いのか、弁護士が解説していきます。

自己破産の基本については、以下の関連記事をご覧ください

1、自己破産では友人からの借金も対象になる?

自己破産は、借金(債務)が膨らみすぎて、返済することができない場合に、現在存在する資産を債権者間で公平に分配することで清算し、債務者を債務から免れさせる(免責といいます)、よって債務者の経済的再生を図ることを目的とする裁判所での手続を指します。

自己破産は裁判所で行われるものであり、すべての債権者にとって公平でなければいけません。

友人からの借金も、サラ金からの借金も、破産法上は同じ「債務」です。

したがいまして、友人からの借金も破産手続きの中で清算されなければなりません。

2、友人からの借金を除外して自己破産を申し立てることはできる?

(1)除外して申し立てることについて

破産手続は、債権者平等の原則の下で実行されます。

破産の決定が出ると、裁判所から各債権者に対して債権届を出すように通知がいきます。

債権者は債権届を記入して裁判所に提出します。

裁判所と裁判所が選任する破産管財人は、債権届をもとに総債務額を算出し、債務者(破産者)の資産を換価して、債権額に応じた額の分配(配当)を行います。

このように破産手続きでは、債権者の公平性と手続きの厳格性が求められます。

債務者(破産者)は、破産の際に、債権者のリストを作成し、裁判所と破産管財人に正確に伝える義務を負います。そうしないと、債権者間の公平が図られないからです。

したがいまして、友人からの借金についても、破産する場合には、原則として、その友人を債権者の一人として裁判所と破産管財人に伝えなければならず、もし友人だけは別に返済しようとして意図的に隠してしまった場合には、破産法上の罪に当たるとして、懲役・罰金等の刑事罰が科されてしまう危険性もあります。

当然、うっかりなどの過失による伝え漏れは生じることはやむを得ませんが、裁判所・破産管財人の心証は良くないので、注意しましょう。

また、債権者リストに載せて伝えた以上は、友人だけをリストから除外することはできません。

そのような申立てをしても、裁判所も破産管財人も認めてくれません。

なお、その友人が債権放棄して債権届を出さないということはできますが、その場合は、友人は破産手続きの中での配当を得られないことになります。

(2)破産手続開始前に返済することについて

破産の決定がされると、債務者(破産者)の財産は、原則としてすべて破産管財人の管理下に置かれます。

債務者本人であっても、自由に財産を処分することができません。

したがいまして、破産決定が出てから友人に借金の返済をすることはできません。

また、破産の決定が出る前に返済した場合であっても、破産決定後に破産管財人から否認されることがあります。

否認というのは、破産管財人が、破産者や債権者の行為の効力を否定して、破産財産に財産を戻すように請求する手続きのことです。

破産の決定が出る前に、友人に迷惑をかけたくないからといって、友人に対してだけ優先的に手元にあるお金で借金返済した場合、既に債務が返済できない「支払不能」の状態にあった場合や、破産手続きの申立てをした後に返済した場合等、破産法上の一定の要件を満たした場合には、友人への返済について、破産管財人によって効力を否定され、その友人は破産管財人に対して、返済を受けた分を全額返還しなければならないということが起こりえます。

こうなってしまうと、かえって友人に迷惑をかけることになってしまいます。

関連記事:

ピックアップ

交通事故の示談交渉を有利に進めるための6つのポイント
自己破産しても税金の滞納は免除されない!そんなときの対処法
遺留分侵害額請求されたら…対処方法など3つのポイント
遺留分の時効は1年!起算点ともう1つの期間とは?