「多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害と診断された…」妊娠を諦めるしかないの?

「多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害と診断された…」妊娠を諦めるしかないの?

排卵障害の一種である「多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群」。患ってしまうと、排卵しなくなり、自然な妊娠ができなくなってしまうのでしょうか。また、多嚢胞性卵巣症候群とどのように向き合えばいいのか、どのように治療すればいいのか。これらの疑問を、「はらメディカルクリニック」の宮﨑先生に投げかけてみました。

宮﨑薫

監修医師:
宮﨑 薫(はらメディカルクリニック 院長)

慶應義塾大学医学部卒業、慶應義塾大学大学院医学研究科修了。国内外における大学病院の産婦人科助教・研究助教授や一般医療機関での産婦人科勤務を経た2020年、東京都渋谷区に位置する「はらメディカルクリニック」の院長就任。医療方針は「最先端の医療で最短の妊娠を」。医学博士。日本産科婦人科学会認定専門医・指導医、日本生殖医学会認定専門医、日本再生医療学会認定再生医療認定医、日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医。

日本人女性の20〜30人に1人が「多嚢胞性卵巣症候群」

日本人女性の20〜30人に1人が「多嚢胞性卵巣症候群」

編集部

多嚢胞性卵巣症候群について教えてください。

宮﨑先生

多嚢胞性卵巣症候群は一種の排卵障害であり、文字通り、卵巣に嚢胞がたくさんできてしまう状態のことをいいます。通常、嚢胞とは液体が詰まった袋状のものを指しますが、多嚢胞性卵巣症候群の場合は、うまく育たなかった卵胞が嚢胞化して、卵巣にたくさん作られます。そのため、卵巣が肥大化したり、腫れ上がったりしてしまいます。

編集部

排卵障害の一種なのですね。

宮﨑先生

そうです。排卵がうまくできないということは、不妊の原因にもなり得ます。また、日本人女性にはあまり多くありませんが、多嚢胞性卵巣症候群になると卵巣で男性ホルモンが増え、多毛やニキビなどの「男性化徴候」がみられる場合もあります。

編集部

多嚢胞性卵巣症候群に悩む人は多いのでしょうか?

宮﨑先生

報告によると、「日本人女性の場合は、20〜30人に1人の割合で発症する」と言われていますから、それほど珍しい病気ではありません。

編集部

どのようにして診断されるのですか?

宮﨑先生

主に血液検査と超音波検査で調べます。具体的には、「月経に異常がある(月経不順、無月経)」、「超音波検査により卵巣に卵胞がたくさん連なってみえるのが確認できる」、「血中の男性ホルモンが高値である、またはLH(黄体化ホルモン)が高値で、FSH(卵胞刺激ホルモン)が正常である」といった診断基準をもとに、多嚢胞性卵巣症候群かどうかを診断します。

多嚢胞性卵巣症候群は自然治癒する?

多嚢胞性卵巣症候群は自然治癒する?

編集部

なぜ、多嚢胞性卵巣症候群が発症するのでしょうか?

宮﨑先生

実のところ、詳しい原因はまだ解明されていませんが、「脳下垂体から分泌されるホルモンの異常」や「男性ホルモンの分泌の増加」が原因ではないかと考えられています。

編集部

多嚢胞性卵巣症候群と診断された場合、治療は必要ですか? 自然治癒することはないのですか?

宮﨑先生

多嚢胞性卵巣症候群は、年齢が上がるとともに症状が治まっていくことが判明しています。しかし、治療せずに放置しておくと、子宮体がんのリスクになることがあります。また、卵胞がうまく育たず定期的に排卵されないと、健康な人に比べて妊娠しづらくなるという問題もあります。そのため、妊娠を希望する場合は速やかに治療を開始し、排卵を促した方がいいでしょう。

編集部

妊娠を希望しない場合は、放置していてもいいのですか?

宮﨑先生

妊娠を希望しない場合でも、治療をおこなうことをおすすめします。理由としては、男性ホルモンの影響によって、「体毛が濃くなる」、「ニキビができる」、「肥満になる」、「血糖値が上昇する」といったリスクが考えられるからです。また、今のところは妊娠を希望しない場合でも、やがて妊娠を望むこともあるでしょう。その際、放置しておくと先述した子宮体がんになる可能性があるので、やはり治療すべきだと考えます。

関連記事:

ピックアップ

「15時間の“飢餓状態”が脂肪を燃焼させる」肥満改善に向けた有効な食事の摂り方
疲れが取れないのは身体の不調が原因?考えられる病気や対処法を医師が解説
世界初! 遺伝子操作したブタの心臓を人に移植成功
美容クリニックの「ノンサージェリー」ってどんな治療? 「手術」との違いは?