平時のリスクは災害時にも(2) – 女性を狙った性犯罪にあわないための自己防衛のポイント

平時のリスクは災害時にも(2) – 女性を狙った性犯罪にあわないための自己防衛のポイント

災害時には、平時のリスクや問題、危険性がより大きくなったり、顕在化すると言われています。犯罪もその一つ。


被災地ではない地域から犯罪を実行するために被災地までやってくるという悪質なケースから、長期化する避難生活からストレスが溜まり犯罪に及んでしまうケースまで、様々なタイプの犯罪者がいます。特に深刻なのは、女性を狙ったのぞきや強制わいせつ、強制性交(強姦)といった、性犯罪です。災害時には避難所などの閉鎖的なコミュニティでも発生しており、告発することで避難所にいられなくなる心配や、命の危険と隣り合わせであることから、被害が表面化するのはごく一部のみだとも言われています。
こうした女性を狙った犯罪も、災害時に限ったことではなく、平時から発生しています。
平時にはどのようなところで、どのような女性を狙った犯罪が発生しているのか。また、どのように対策をしたらいいのか、被害にあった場合にはどう行動したらいいのかなど、日頃の安全対策をもとに、考えておきましょう。

強制わいせつの多くは暗い夜道で起きている

「暴行又は脅迫を用いて、相手の意思に反してわいせつな行為を行う」犯罪、強制わいせつ。警視庁の調査によると、昨年(2020年)1年間で、東京都内だけでも約550件発生しています。このうち、約36%が道路上や公園で起こっています。時間別発生状況を見ると、一番多いのは深夜11時〜12時で、朝方、午前3時頃〜日中の午後3時ごろまでは発生件数が減りますが、午後5時前後で急激に発生件数が増えています。帰宅者の多い午後6時ごろにはいったん発生件数が減りますが、午後7時にはまた増え始め、深夜の最多時間まで発生件数が増え続けます。
こうした統計からも、強制わいせつの多くは、夕暮れ時から深夜にかけて、外出時に発生していることがよくわかります。性別や年齢に関わらず、強制わいせつの被害者にはなる可能性はありますが、やはり、被害者の多くは女性です。女性は特に注意する必要があります。

こんな場所では特に注意

性犯罪の多くは、女性が一人でいるときに、道路上や公園などで発生しています。さらに、道路や公園の中でも犯罪が多く発生している危険な場所があります。
例えば、道路なら、人通りが少ない住宅街や、片側が田畑やビルなどの駐車場になっているなど、歩道の片側に人目が少ない場所がある路上で事件が発生しています。
人通りの少ない公園では、ベンチやトイレ、木陰などの外から見えにくい場所を通る時には、特に注意が必要です。自宅への近道だとしても、人通りの少ない公園を歩くときには気をつけましょう。平日の昼間でも被害が発生しています。

もちろん、被害は道路上や公園だけでなく、駐車場・駐輪場などでも被害は発生しています。帰宅途中に駐車場まで追跡された事例や、駅周辺の駐輪場から自転車に乗って帰宅しようとした際に駐輪場の出口付近で被害にあったなどの事例もあります。
さらに、意外な場所で女性を狙った多くの犯罪が発生しています。集合住宅などの、住宅です。特に、4階建以上の中高層の住宅で多く発生しており、強制わいせつの発生件数のうちの約1/6が、強制性交では発生件数のうちの約1/4がこうした場所で発生しています。集合住宅の中高層階の共用部分は外からも見えにくく、人目につきにくい場所が少なくありません。

関連記事:

ピックアップ

ピクトグラムから知る、災害時の注意
日本を守る地震予測。緊急地震速報や地震がおこる確率はどのように調べている?
人はどうやったら避難するのだろう?
災害に便乗した悪質商法に注意。高額被害や詐欺に加担してしまうことも!