納豆×みそで5分おつまみ。「納豆とコンビーフの発酵ディップ」【きれいを叶える!ダブル発酵おつまみ #4】

納豆×みそで5分おつまみ。「納豆とコンビーフの発酵ディップ」【きれいを叶える!ダブル発酵おつまみ #4】

体の中からきれいになれる発酵おつまみレシピを紹介する連載企画。4週にわたって「神楽坂発酵美人堂」店主の清水紫織さんに、納豆と発酵食品を組み合わせて作るレシピを教えていただきます。最終回となる4回目は、納豆とみそを使った「納豆とコンビーフの発酵ディップクラッカー」の作り方です。

混ぜるだけ!納豆とみそのコンビーフディップ

調理時間:5分

体の中からきれいを目指す、納豆を使った発酵おつまみレシピの4回目。最終回は、材料を混ぜるだけの「納豆とコンビーフの発酵ディップ」を、引き続き「神楽坂発酵美人堂」店主の清水紫織さんに教えていただきます。

「日本の発酵食品の代表ともいえる、納豆とみそを組み合わせた簡単おつまみです。どちらも大豆から作られた発酵食品。納豆のタレ代わりにみそを合わせるのもおすすめしたいくらい、味も食べ合わせも相性のよい組み合わせです」

「神楽坂発酵美人堂」店主/清水紫織さん妊娠をきっかけにアレルギーと腸内環境の関係性を知り、食生活を整えることで体調が劇的に改善する。以降、発酵料理に傾倒し、発酵料理人の伏木暢顕氏に師事。東京農業大学醸造科で学びを深め、現在は延べ2,000名以上の方に発酵食品を通して食文化の素晴らしさを伝えている

「納豆もみそも酵素をたくさん含んだ体によい食べ物です。ただ過度に加熱をすると酵素が壊れてしまうため、栄養素をしっかり摂りたいなら今回のように加熱しないレシピがおすすめです。

とはいえ、日常的に食べるおみそ汁も加熱していますが体によいといわれていますよね。発酵食品は毎日食べ続けることが大切ですので、過敏になりすぎず、おいしく楽しくいただくことを優先してよいと思っています」

健康な食生活は手間暇がかかるものと思っていましたが、簡単でおいしいレシピでも叶うなら積極的に取り入れたくなりますね!

材料(2人分)

・納豆……30g
・コンビーフ(ほぐしておく)……40g
a. みそ(一般的な中辛口)……大さじ1/2杯強(10g)
a. ケチャップ…… 小さじ2杯(10g)
a. ピーナッツバター(無糖)……10g(小さじ1と1/2杯)
a. クミンパウダー……小さじ1杯
・黒こしょう……適量
・クラッカー……適量

ピックアップ

毎日食べたい。ローソン限定「ほうじ茶ラテバー」は茶の匠監修の本格派
至極のあかん飯「ヤンニョムソーセージ丼」レシピ。簡単なのに一度食べたら止まらない
豚肉とエリンギのガーリックオイスター炒め
おつまみにも♪大葉の卵焼き